シタール : インドの民族楽器の特徴は?仕組み、歴史、価格について

Instrument

シタールはインド発祥の民族楽器です。シタールはおそらくインドで最も有名な楽器です。 その音色はかなり独特で特徴的。1700年代に現在の形に進化したと考えられています。シタールは弦の本数が19本あり、棹は長さが約90cmで約20個の金属製のフレットが結びつけられています。シタールはインド特有の民族楽器であることから、あまり知らない人が多いかもしれませんが、特徴的な音色があるため、映画やテレビなどでは重宝される楽器です。

場所

インドでこの楽器は生まれました。音が多く出せると言う珍しい楽器で、北インドの古典音楽の旋律の一つとして主に使われており、リズムを胴で手でたたいて掴むこともあります。右手の指で弦を弾いて、左手で後を支えて弦を抑えます。重要で複雑な音色を出せる役割やスタイルを担っています。

名前の由来

シタールという言葉は、サンスクリット語から来ています。金属の弦という意味saat taarから最終的にシタールという名前になりました。ペルシア語のセタールからシタールになったという説もあります。

価格はいくら?

シタールの価格は日本円で70,000円~200000円くらいが相場になります。

シタールの歴史

シタールの起源に関しては中世頃から他のギターから派生して始まったといわれています。シタールは13世紀に、有名な発明家であるアミール・ホスローによって発明されたといわれています。ムガル帝国時代には、宮殿で演奏され続けました。ムガル帝国後期になると、シタールはネックが長くなったことがわかっており、今のシタールの形状に進化したと思われます。この時代にシタールという名前が使用され始めました。この時に5本の弦を持っていました。

シタールの特徴、仕組み

シタールは最大で21本の弦を持つことができます。これらのうちの6つまたは7つは、湾曲したフレットの上を走る弦であり、残りは、フレットの下を走り、演奏された弦に共鳴する共鳴弦です。楽器には2つのブリッジがあります。大きなブリッジと、共鳴弦用の小さなブリッジです。シタールの音色の仕組みは、その独特な構造と演奏テクニックにあります。シタールは、通常約20本もの弦を持つ弦楽器で、その弦のうち大部分はドローン弦とメロディ弦に分かれています。音色や倍音の変化は、それらの弦とその相互の共鳴によるところが大きいです。演奏者がメロディ弦を弾くと他のドローン弦も共鳴し、たくさんの音色や共鳴を生み出します。

シタールの曲

シタールというとマイナーな楽器という印象はぬぐえません。しかしながら意外とポップスの曲でも使われている楽器なのです。The Rolling Stonesの Paint It, Black ではこのシタールが多用されているのです。Paint It, Blackはアメリカとイギリスで1位を獲得した人気曲です。

Izzy StradlinのPretty Tied Upでもエレキギターと混ざってシタールが使われています。この曲は1991年にリリースされた曲です。

John Martynはイギリスのシンガーソングライターです。すでに亡くなっていますが、この曲ではシタールが多用されています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました