ドラムセットメーカー : Ludwig Drums(ラディック)の特徴、価格、歴史について

Instrument

Ludwig Drumsはパーカッションに焦点を当てたアメリカの楽器メーカーです。 このブランドは、ビートルズのドラマーであるリンゴスターの支持により、1960年代に大きな注目を浴びて一気に有名位になったドラムメーカーです。Conn-Selmerの子会社です。Ludwigが製造する製品には、ティンパニ、ドラムキット、ドラムハードウェアがあり、どれも世界的に有名な製品となっています。さらにマリンバ、ビブラフォン、木琴などの製品も開発しています。

場所

アメリカのシカゴでこの楽器は生まれました。ラディックのドラムセットはスネアドラムからすべて揃っており、年代問わずアーティストに人気です。レッドツェッペリンなども使っており、利用者は多いです。

開発会社

Conn-Selmer, Inc.

P.O. Box 310 Elkhart, Indiana 46515-0310 United States

価格について

Ludwig(ラディック)のドラムはセットで10万円程度から100万円程度の高価なものもあります。サウンドはスネアからシンバルまで高品質。ドラムセットの仕様はスープラフォニックと呼ばれるアルミ合金にクロームメッキを施したシェルを採用しています。多くの店で取り扱っており、ネットでの投稿の情報など世界中でありますから内容は予め調べられます。個性があり、シリーズやカテゴリーの全般で内容は絶賛されています。

創業者

Clarence Leonidas Fender 1879年-1973年

ウィリアム・フレデリック・ルートヴィヒは、1887年に8歳のときに移住した、アメリカへのドイツ人移民の息子。彼の父はプロのトロンボーン奏者であり、同じ年にシカゴに到着すると、最初はピアノとバイオリンで音楽のレッスンを受け始めました。しかしルートヴィヒはすぐにドラムに興味を持つようになりました。1903年にルートヴィヒはシカゴ交響楽団に加入し、1904年から1906年まで彼はイングリッシュグランドオペラ社で演奏し、1909年にシカゴフィルハーモニー管弦楽団とピッツバーグ交響楽団のティンパニストになりました。1909年、ルートヴィヒは兄のテオバルド・ルートヴィヒと共に、ルートヴィヒ&ルートヴィヒ・ドラム・カンパニーを設立しました。彼らは、当時のジャズ、ラグタイム、サーカスのドラマーのニーズを満たす最初のモダンなスタイルのバスドラムペダルを製造しました。ルートヴィヒ社は成長を続け、1920年代までに世界最大のドラム会社の1つになりました。

歴史

Ludwig Drum Companyは、1909年に、アメリカへのドイツ人移民の息子であるWilliam F.&TheobaldLudwigによって設立されました。1916年にスネアドラムやティンパニなどの新製品をカタログに追加しました。1923年までに、この会社は240人の労働者を雇用し、世界最大のドラム製造業者になりました。1920年代後半、同社はC.G.に売却されましたが、ウィリアム・ルドウィックは会社を経営し続けました。ビートルズがエドサリバンショーで歴史的なアメリカのテレビデビューを果たした1964年2月9日、Ludwigの世界的な躍進が起こりました。リンゴ・スターのバスドラムの前面に表示されているLudwigのロゴは、約7300万人のテレビ視聴者に見られ注目を浴びていったのです。Ludwigの売上高は急速に倍増して1,300万ドルになりました。Ludwigは、1965年に木琴、マリンバ、ビブラフォンのメーカーである「マッサーマレットカンパニー」を買収しました。1981年11月4日、William F LudwigIIは事業をSelmerCompany(現在のConn-Selmer)に売却しました。2002年、Ludwigはコーン・セルマーと合併し、コーン・セルマーのブランドになりました。

Ludwig Drumsの特徴

アメリカのメーカーということもあって、ドラムの内部はルーズな作りになっており、非常に拡がりのある音を持っています。音の収束が速く、太く明るい音色です。そのため、ロックやポップスのバンドのレコーディングでよく用いられています。チューニングレンジが広く、ローピッチでもハイピッチでも良く鳴ります。ロックやポップスはもちろん、オールジャンルで使えるドラムです。

Ludwig Drums人気モデル

2019年に創業110周年を記念して「Anniversary 110th Model」が発表されました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました