リコーダー : オーケストラ楽器の特徴、価格、歴史について

Instrument

楽器のリコーダーについては中世ヨーロッパで発祥しました。15世紀後半から17世紀にかけて盛んに演奏されましたが、音量や音色の変化などの面でフルートに押され、18世紀半ばには忘れ去られてしまいました。しかし20世紀に入ると古楽への興味が世界的に広がり、リコーダーは再び注目を浴びるようになりました。リコーダーは現代になり、教育用の楽器としての需要も出てきたため、より一般的な楽器となりました。

場所

ヨーロッパでこの楽器は生まれました。

価格について

価格は数万円から数十万円のものもあります。

開発会社

現在世界では多数のリコーダー製造メーカーが存在します。

社名特徴
MollenhauerGermany1822年以来、木管楽器製作を行っているドイツのブランドです。
MOECKGermanyMOECKはバロック時代のリコーダー製作家たちのモデルが数多くあります。
KUNGSwitzerlandKUNGは独自の設計によるユニークなモデルが数多くあります。
TAKEYAMAJapan日本の木製リコーダー製作メーカーです。

リコーダーの歴史

リコーダーという名称は、古英語のto record が語源だとする説が有力で。しかし名称の由来について明確なことはわかっていません。たて笛の歴史は大変古く、さまざまな原始的な楽器が世界各地で見つかっています。リコーダーという楽器は中世ヨーロッパで完成しました。15世紀後半から17世紀にかけて盛んに演奏されました。17世紀のリコーダーは、管の構造が円筒形で、音色は、現在用いられているリコーダーよりは幅の広い、刺激の少ない音色をもっていました。リコーダーだけのアンサンブル「ホウル コンソート」、または他の楽器とのアンサンブル「ブロークン コンソート」で演奏され、人の声と融合するアンサンブル楽器としても、大きな位置を占めていました。しかし後発楽器であるフルートが注目を浴びるようになりました。リコーダーは18世紀半ばには忘れ去られてしまいました。しかしリコーダーは20世紀に復活を果たします。20世紀に入ると古楽への関心が世界的に高まり、リコーダーへの注目も再度集まるようになったのです。今やリコーダーは学校の教育楽器としても登場するようになり、知らない人がいないほどの知名度になりました。

リコーダーの特徴

リコーダーは息を吹き込むだけで誰にでも簡単に音を出すことができます。リコーダーは音域が下がるにつれてサイズが大きくなります。グレートバスはテナーの2倍の長さ、更にはバスの2倍の大きさのコントラバスリコーダーというものも存在します。低音から高音まで、さまざまな音域のリコーダーが出てきており、種類によって使い方も違っています。リコーダーには大きく分けてソプラノ、テナー、グレート、サブコントラと、ソプラニーノ、アルト、バス、コントラバスなどがあり、それぞれ楽器ごとに1オクターブずつ高さが変わります。頭部管の内面はほぼ円筒形で中部管と足部管の内面は、歌口から遠くなるほど細くなる円錐形になっています。またリコーダーは安価で手に入ることからだれでも気軽に始められる楽器です。それほど大きなスペースも必要としないことから、とても手軽で気楽に始められる楽器です。

リコーダーの種類

Sopranino Recorder

Soprano recorder

Alto recorder

Tenor recorder

Bass recorder

Great bass recorder

Contrabass recorder

コメント

タイトルとURLをコピーしました