エレキギター : フェンダーギター(fender guitar)のモデル、特徴、値段、歴史について

Instrument

フェンダーギターはレオ・フェンダーが1940年代に創業したギター、アンプメーカーで、世界で初めて量産型のエレキギターを開発した会社でもあります。エレキギターやエレキベースなどを製造している会社としてはアメリカのギブソン社と並んで世界でもトップギターメーカーのひとつとされており、非常に知名度の高い会社です。このフェンダー社のギターはとても評判がよく、多くのギタリストに愛用されています。

場所

アメリカのスコッツデールでこの楽器は生まれました。USAのgibsonなどと並ぶ世界トップのブランドです。他にはない高く機能が備わっており、エフェクターなどで効果は倍増。発売されているものはスケールも高く、新しい技術が設計されています。これから買いたいと思っている方は個性の強いギターで幅広く音楽シーンを盛り上げられます。コストパフォーマンスも抜群です。

開発会社

Fender Musical Instruments Corporation

17600 North Perimeter Drive Suite 100 Scottsdale, AZ 85255 United States

価格はどれくらい?

フェンダーギターには多数の種類があります。以下が現在購入できるおもなもの。日本円での相場です。サウンド的にはそれぞれのモデルで異なります。仕様、トーン、ネック、弦、ベースなどシリーズ(series)で似ていますが異なります。ブランドでの大きなカテゴリー、生産されている代表のものは以下です。アーティストも多数持っており、ライブで登場して弾き、パフォーマンスしている方も多いです。異なる幅広い奏法も可能でカスタムもできます。現代でモダンなスタイルを木材で調整して実現しています。初心者でもショップで簡単に買えます。

ストラトキャスター(stratocaster)\30000~\100000
テレキャスター(telecaster)\90000~\200000
ジャガー(jaguar)\100000~\200000
ジャズマスター(jazz master)\100000~\300000
ムスタング(mustang)\70000~\200000

創業者

Clarence Leonidas Fender 1909年8月10日-1991年3月21日

フェンダーはカリフォルニア州フラートンに生まれ電気工学に興味がありました。高校時代には、趣味としてラジオの製作、修理をしていました。1928年に高校を卒業し、フラートン短期大学進学。そこでは会計学を専攻し、卒業後カリフォルニア州ハイウェー局で会計の仕事をしました。数年の勤務後、1938年にラジオの修理会社を始めましたが、フェンダーは、クレイトン「ドクター」カウフマンと共に、ラジオの修理業からエレクトリック・スチール・ギターとアンプの製造へ手を出しました。1950年、フェンダー社によって製造された、最初のエレクトリックギターを発表。1951年には、プレシジョンベースを発表しました。実はフェンダー自身はギター演奏を学んだことがないことで有名です。1991年3月21日、パーキンソン病の併発症で死去。1992年、ロックの殿堂入りしています。

歴史

1945年にレオ・フェンダーはドク・カウフマンと共に「K&Fマニュファクチュアリング」を設立。スティール・ギターとアンプの製造を開始し、1947年社名をフェンダー・エレクトリック・インストゥルメント・カンパニーに改名しました。フェンダーは1948年頃にソリッド・ボディのエレクトリックギターの試作品を完成させ、1949年にエスクワイヤーとして発表しました。1950年にはブロードキャスターを発表、1951年にテレキャスターに改称しました。そして世界初のエレクトリックベースであるプレシジョンベースを発表し、多くのミュージシャンに使われるようになりました。その後も1958年にジャズマスター 、1960年にはジャズベース、1962年に当時の最高級機種であるジャガーを発表し、世界の最先端を走りました。しかし1965年にCBS社に売却され法人としての「フェンダー社」は消えました。これはレオ・フェンダーの健康上の理由によるものでした。以後フェンダーギターは暗黒時代を迎え、フェンダー社製品の品質低下により、人気が落ちます。しかし、1985年、CBS社の楽器部門の撤退により、ヤマハなどに在籍していたビル・シュルツを最高経営責任者に迎えてフェンダー社が再興されました。2012年には株式公開IPOを申請。サーブコ・パシフィックが米投資会社TDP Growth共同で経営権を獲得しました。

フェンダーギターの特徴

フェンダーエレキギターの多くは内部が空洞になっていないソリッド構造のボディを採用しています。ボルトでボディとネットを接合する、これまでの弦楽器作りの常識を覆す大胆な構造が取り入れられています。フェンダーエレキギターは簡単に分解できることも特徴の一つです。パーツの交換・改造も容易であり、改造するギタリストはとても多いです。カスタマイズ性・メンテナンス性に優れていることがフェンダー社ギターの最大の特徴と言えるでしょう。独特で良く進化しており、プレイヤーは初めての方でも独自の機能を使って活躍できます。

フェンダーギターの人気モデル

現在ラインナップされているモデルの中で、恐らくユーザー目線で一番人気があるものはテレキャスターでしょう。非常にシンプルな構造のモデルであることから改造やカスタマイズがとても容易なのです。ルックスが良く、チューニングも好きにできるイメージです。音色も良く、コントロールできてジャンルとわず活躍するタイプです。

テレキャスターに次ぐモデルとして誕生したのがストラトキャスターです。テレキャスターとはハードウェア部が大きく異なり、基本的にはテレキャスター同様のシングルコイルですが、ミドル位置のものが追加された3ピックアップを搭載しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました