【世界三大レーベル ワーナーミュージック オーディション】応募方法と流れ

Audition

ワーナーミュージックは世界三大レーベルの一つです。ユニバーサルミュージック、ソニーミュージックと並び世界のトップレーベルの一つです。世界展開をしていることから、各国に拠点を置いており、世界中で応募が可能なレーベルです。、1990年代中盤にディスク製造部門が切り離されてから、残った音楽制作部門と音楽出版部門を総称して、ワーナー・ミュージック・グループという名称が使われるようになりました。

会社情報

項目内容
会社名Warner Music Group
本社所在地1633 Broadway, New York, NY 10019, United States
設立1958
主要株主Access Industries (86.3%)
Tencent (1.6%)
URLWMG | WMG

歴史

ワーナー・コミュニケーションズ傘下のワーナー・ブラザース、エレクトラ、アトランティックの3つのレコード会社の配給網として、主要レーベルの頭文字を取った“WEA”が設立されたことから、当初ワーナー・コミュニケーションズの音楽部門全体のこともWEAと呼んでいました。1990年代にディスク製造部門が切り離されてから、残った音楽制作部門と音楽出版部門を総称して、ワーナー・ミュージック・グループという名称が使われるようになりました。

オーディション

ワーナーミュージックでは歌手、作曲家、作詞家、アレンジャーなどを世界各国の拠点で募集をかけています。契約形態はさまざまです。楽曲単位でのスポット契約、完全歩合制度、給料制度の拠点もあります。世界各地の拠点で応募は受け付けています。しかし応募方法は拠点ごとに違うため、よく確認してください。

郵送応募

応募用紙をダウンロードしてプリントします。その後必要事項を記入して郵送します。この時写真の同封をします。また、音源を提出する場合は音源の同封も忘れないようにしましょう。

Web応募

公式サイトから応募フォームを開き、必要事項を記入します。この時写真や音源ファイルをアップロードします。そして入力内容を確認後、応募します。

流れ

ソニーミュージックでは色々なオーディションが開催されています。基本的には書類審査をしてから面接をする流れになります。しかし注意が必要なのは毎回必ずオーディションで合格者を出しているとは限りません。合格者がいないときもあれば、複数合格者が出るときもあります。

オーディションのポイント

オーディションでは以下の点が注目点になります。

  • 観客動員:観客動員数はアーティストの人気を図る指標になります。動員数が多いアーティストであればあるほど、オーディションは有利です。それだけビジネスになるからです。
  • 音源:音源のレベルは一番大事です。歌の歌唱力であり、演奏能力であり、音源が良くないと、採用される可能性は低いです。
  • 活動:オーディション合格後、プロのアーティストとして活動できるかどうかが重要です。
  • 親の同意:未成年の場合は親の同意を求められる場合があります。未成年の場合は親の同意を事前に得てから応募してください。
  • 意志:実際にアーティストになって活動したいという意思が必要です。面接になった場合は意欲をアピールすることがとても大事です。
  • プロフィール:今まで何をしてきたかが重要です。プロフィールに何も記載がないとやる気がないと思われ、書類審査で落選します。実績が少なければ、自分の意気込みであったり、自分のできる楽器、自分のできることなどをアピール要素としてプロフィールに記載しましょう。

オーディション以外でプロアーティストになる方法

オーディション以外では以下の方法があります。

  • スカウト:自分のライブにレコード会社のスタッフが観戦しに来て、オファーを申し出てくることがあります。
  • プロミュージシャンの推薦:プロのアーティストに見いだされ、推薦されてアーティストになる方法があります。プロの音楽家とのコネクションが必要になります。これはライブや、スタジオなどでプロのアーティストと接点を作る必要があります。また、この場合はプロのアーティストに認められるぐらいの実力も必要になります。

実際に実力を身につけるには?

実力を身につけるには?スクールなどで養成することをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました