トルコタンブール : 民族楽器の特徴、価格、歴史について

Instrument

トルコタンブールはトルコの擦弦楽器のロングネックリュートです。この楽器には長いフレットの付いたネックと、バンジョーに似たスキンまたはアクリルのヘッドで前面が覆われていることが多い丸い金属または木製のサウンドボックスがあります。タンブールの一種で、チェロの弓に似た弓で演奏され、ハンドルは地面に垂直にして演奏します。トルコではとても知られている楽器で、伝統音楽で使われる楽器です。

場所

トルコでこの楽器は生まれました。

価格について

価格は数万円から数十万円のものもあります。

トルコタンブールの歴史

トルコタンブールは弓で演奏される擦弦楽器です。タンブールはCemilBeyによって発明されました。 その後、ErcümentBatanayとFahrettinÇimenliによって開発され、現在の形になりました。ナーイ、アルムディケメンチェ、クドゥムのトルコのクラシック音楽の基本的なカルテットの4つの楽器の1つとされている重要な楽器。この楽器の起源は中央アジアとカスピ海地域のチュルク人の間で現在も使用されている弦楽器であるコムズの子孫である可能性があります。名前自体はタンブールに由来し、オスマン帝国の宮廷楽器として使われていました。15世紀までに、タンブールは現在の形と同じものになりました。近代の絵画には、4つのコースで張られた8本の弦のペグがあります。

トルコタンブールの特徴

トルコタンブールはほぼ完全に木でできています。楽器は垂直にした状態で演奏することが多いです。サウンドボックスはプレーヤーの膝の上またはふくらはぎの間に置かれます。弓は横向きに握られ、小さな指輪と中指が馬の毛を押します。ネックは、通常の多数のフレットがありますが、フレットがないかのように使えます。指で首のフレットのない部分を押し下げて、フレットを止めるのと同じ効果を得ることができます。グリッサンドとポルタメントを完璧に実現することができます。トルコのタンブールは古い撥弦楽器のタンブールに由来し、長いフレットの付いたネックと、バンジョーに似たスキンまたはアクリルのヘッドで前面が覆われていることが多いです。現在、タンブールには7本の弦があります。過去には、8弦のものもありました。

トルコタンブールの曲

トルコタンブールは伝統的なトルコ音楽で使われることが多いです。中東地域の伝統音楽でも使われます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました