アコースティックギター,ウクレレ : Cole Clark guitar(コールクラーク)の楽器の特徴、価格、歴史について

Instrument

Cole Clarkはオーストラリア発祥のアコースティックギターブランドです。アコースティックギターだけでなくウクレレなども取り扱っています。メイトン社に勤務していたブラッドレー・クラークが創業した会社で、オーストラリアの木材でギターを製造していることで知られています。高い音響性がありながら頑丈な本体が特徴のギターで、いまや世界的に名前が知られているアコースティックギターブランドです。

場所

コールクラークはオーストラリアでこの楽器は生まれました。エレアコのシステムやサウンドは独特で他にはない高いクオリティで出力が可能です。アコギやベースなどそれぞれ独自の機能が搭載されています。

価格について

価格は数万円から数十万円のものもあります。指板、ブリッジやヘッド、ネックなどはナチュラルな構造となっており、セットでエフェクターやアンプなども同時にかえます。もちろんデザイン、ルックスもオリジナルでfenderやyamahaとも劣りません。最近はオーストラリア産の開発の中でも最も有名でライブでもよく使われています。中古楽器なども多数が買取、販売がされています。

開発会社

Cole Clark

創業者

Bradley Clark

Bradley Clarkはオーストラリアの弦楽器製作者であり、Maton Guitarsの元社員です。Bradley Clarkは大学では建築学を専攻していたため、音楽とは別の分野にいました。しかしその後プロミュージシャンとなり、Maton Guitarsにも勤務しています。その後ギターの製造技術を学びながら技術を取得し、Maton GuitarsのCEOとなり、10年勤務したBradley ClarkはCole Clarkを2001年に設立しました。

歴史

Cole Clarkは2001年にBradley Clark, Adam Coleによって設立されました。2002年に「Mistress」、「Guardian」、「Culprit」エレキギターモデルをリリース。2003年「ファットレディ」アコースティックギターと特許取得済みのフェイスセンサーを搭載した2ウェイピックアップをリリース。2004年に3シリーズの「ファットレディ」モデルのリリース。2005年には「Ukelady」コンサートウクレレをリリース。2007年には「ジャックテナー」ウクレレをリリース。2012年にはエレキギターの生産を停止し、さらにマイルズジャクソンがCEOとなりました。2013年は「HollowLapdog」モデルをリリース。2014年は「エンジェル」3シリーズモデルをリリース。2017年「リトルレディ」ミニモデルをリリース。2018年に会社はNAMMショーで「ベストインショー」賞を受賞しました。2021年に「TL」Thinlineモデルをリリースしました。さらに50000ギターのビルドマークに合格します。

Cole Clarkの特徴

Cole Clarkギターはギターやウクレレに特化したブランドです。使用される木材はブンヤやブラックウッドといった、オーストラリアの木材を使用しています。新しい発想を常に新モデルに採用し、世界の先端を行くギターです。最も特徴的だと思われるのが、スペイン式ネック接続です。Cole Clarkギターはトップ材にネックを貼りつけ、それに合わせてサイドを貼り、最後にバックという作り方です。Cole Clarkではネックとヘッドをジョイントする工法を採用しています。木材の節約だけでなく、この部分の強度が高く確保できる設計です。ギターの外観は着色はなく、ニトロセルロースラッカーのナチュラルカラーでサテン仕上げのみです。

Cole Clarkモデル

Fat Lady

このモデルは弦長25.5インチ、胴厚118mm、ボディ幅410mmです。

Angel

このモデルは弦長25.5インチ、胴厚110mm、ボディ幅386mmです。

Little Lady

このモデルは弦長23.5インチ、胴厚100mm、ボディ幅360mmで、弦長は標準サイズのギターです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました