ガンバン : 民族楽器の特徴、価格、歴史について

Instrument

ガンバンは共鳴箱上にチーク材や竹の音板を並べた旋律打楽器でインドネシアの伝統楽器として知られています。ガムランで演奏される木琴です。ジャワ、バリ島においてよく行われるガムラン音楽で使われます。ガムランは東南アジアでよく知られている楽器であることから、この楽器を知っている人も少なくありません。近年ではインドネシアの伝統音楽は広く伝播してきており、世界に知り渡ってきています。

場所

インドネシアでこの楽器は生まれました。

価格について

価格は数千円から数万円になります。

ガンバンの歴史

ガンバンは竹で作られた鍵盤楽器。ガンバンはガムラン音楽で使用される楽器として知られています。古来からこの楽器の存在が資料に記されており、かなり昔から存在していた楽器です。この楽器が一般的に知られてきたのは近代に入ってからです。17世紀以降にジャワとバリの王宮でこの楽器はよく使用されていたと言われています。ガンバン属の楽器はガンバンのほかにも金属でできたサロン、竹でできたアンクルンなどがあります。ガンバンには2種類あり、鍵盤が並べられ二またの桴を両手に持って演奏されるタイプと、鍵盤が音の高い方を右手にして順番に並べられ、またに分かれていない桴で演奏されるタイプが存在します。前者のガンバンは現在ほとんど廃れてきており、後者のタイプが一般的になっています。ガンバンは昔葬式のときに使用されていた楽器でした。

【楽器の買取屋さん】電話受付22時まで対応可能!無料出張見積もり

ガンバンの特徴

ガンバンは竹・木製打楽器の一つ。インドネシアで有名な打楽器です。ガンバンはジャワ、バリ島においてよく行われるガムラン音楽で使われます。通常の鍵盤楽器とは違い、全音・半音が一列に並べられていることが最大の特徴です。主に伴奏を担当することが多い楽器です。奏者は両手にもったフェルトつきの桴で木琴を叩いて演奏します。ガンバンはこまかく拍を刻むことで楽器の特色を出すことができます。ガンバンの外観は共鳴箱上にチーク材や竹の音板を並べたようなものです。

J:COM

ガンバンの曲

ガンバンは主にインドネシアの伝統音楽で演奏されることが多いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました