ピッコロ : オーケストラ楽器の特徴、価格、歴史について

Instrument

ピッコロは管楽器でフルートから派生した高音を使える楽器です。木管ではどんなメーカーがあるのか紹介します。構造はフルートとほぼ同じで、フルートよりも1オクターヴ高い音を出せるように設計されています。ピッコロは8世紀ごろからヨーロッパで使われ始めたと言われている楽器です。ピッコロはオーケストラで必ず出てくるほどの有名な楽器であり、プロの奏者が世界中にいます。ピッコロの高い音色を効果音のように活用することもあります。

場所

ヨーロッパでこの楽器は生まれました。木管楽器ではフルート、クラリネット、オーボエなど異なる楽器とともによく演奏で使われます。音はそれぞれどっちも違いがありピッコロが最も高いです。材質は金属製、銀や木製の体で使いやすく、非常に持ち替えをしている方もいます。種類が多く必要に応じて使われます。初心者でも最高に豊かな音色が作られます。担当はスタジオにアクセスして練習するのが普通です。

価格について

価格は数万円から数十万円のものもあります。モデルや材質によって購入する価格は異なります。良く息をしっかり吹きながら演奏が必要なので、買う前に確認して置いたほうが良いでしょう。

開発会社

現在世界では多数のピッコロ製造メーカーが存在します。

社名特徴
PEARLJapan新素材を使用したピッコロを出しているブランドです。
BURKARTUnited Statesハイテクノロジーを活かした高性能のピッコロメーカーです。
BULGHERONIItaly澄んだ美しい音色と操作性の良さが特徴のメーカーです。
POWELLUnited States80年以上も続く伝統あるメーカーです。

ピッコロの歴史

ピッコロは8世紀ごろから使用され始めた楽器と言われています。16世紀の作曲家、ヴィヴァルディの作品に『ピッコロ協奏曲』がありましたがこの時使われていた楽器はソプラノリコーダーに近いものでした。17世紀、ベートーヴェンが『交響曲第5番「運命」』の第4楽章で初めてオーケストラにピッコロを取り入れてます。18世紀の段階では、フランス宮廷の屋外音楽で使用されていたと言われています。次第にオーケストラの編成が大きくなるにつれて、 ピッコロもしばしば使われるようになって来ました。19世紀にテオバルト・ベームが太さを変えない円筒形を採用して以来、それが定着しています。現在ピッコロは吹奏楽でも使用されており、一般人に認知されている楽器の一つです。

ピッコロの特徴

ピッコロはフルートの関連楽器であり、あくまでもフルートを基本としているので細かい部分を除いてはフルートと同様です。しかし1オクターブ上の音域を出すことができることが最大の相違点です。ピッコロという名称はイタリア語における「小さい」という意味を持つ言葉を語源としており、フルートと比べても小さく短い管楽器で軽量なのが特徴です。フルートは全長約650mmに対し、ピッコロは約340mmとなっています。収納・運搬の際は歌口のある頭部管とキーのある胴部管とに分割することができ、とても持ち運びが便利な楽器です。ピッコロは、 基本的にオーケストラやバンドなどの大編成の合奏で用いられる楽器です。しかしながらしばしばメインリードになることもあります。

ピッコロの曲

ピッコロはオーケストラや吹奏楽で使われます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました