バンドゥリア : 民族楽器の特徴、意味、価格、歴史、使い方について

Instrument

バンドゥリアはスペインの伝統楽器として知られています。bandurriaはリュートやマンドリンなどの弦楽器にあたります。2弦6コースのものと、14弦6コースのものが普及しています。ポルトガルギターに似た栗のような形で、背面はフラットです。音の響き方に応じて、奏者の好みのピックを用いる楽器で、ヨーロッパではよく知られている楽器の一つです。スペイン文化の一部として伝統音楽などで使用されています。非常に長い歴史を持っている楽器のひとつです。

場所

bandurriaは情報によるとスペインで生まれました。リュートやマンドリンなどと弦楽器のカテゴリーの仲間で構成されておりネットで一覧で調べると、辞書や百科事典のページで同様の記載があります。サービスやイベントなどで合奏されることが多いです。

価格について

価格は数千円から数万円になります。

バンドゥリアの歴史

バンドゥリアはスペインの撥弦楽器の一種。起源はギリシャの古楽器、パンドラ。パンドラは、紀元前6世紀ごろにはあった楽器と言われており、古代ギリシャのミケーネ文明期には存在しておりました。バンドゥリアが具体的に楽器として存在したという歴史的な記録は、5世紀ごろの遺跡で確認されています。古代ローマ人がこの楽器を多く取り入れたことによりヨーロッパ社会に普及しました。大航海時代にはカリブ地域にまで普及しペルー、チリといった南米の国々でも使用されるようになりました。また東南アジアではフィリピンにも普及しています。バンドゥリアは最初は3本の弦しかないギターでしたが、18世紀には2本の弦の5セットになりました。最終的に2本の弦の6セットになりました。現在多くの国に普及しました。

超速ネット次世代AI Wi-FiはJ:COM NET

バンドゥリアの特徴

バンドゥリアは弦が12本ある撥弦楽器の一種。ヘッド部分が大きいのが特徴です。12本の弦は2本セットの6コースで、となりのコースとの音程差は4度あります。調弦は6つすべて弦のセット、A-E-F#-C#-G#の音で行います。合唱や大衆音楽において演奏されることが多く、主にスペインで使われています。ソプラノ・バンドゥリア、コントラルト・バンドゥリア、テノール・バンドゥリア、バス・バンドゥリアとコントラバス・バンドゥリアが登場しましたが、現在ではソプラノ、コントラルト、テノールが主に楽器として使用されています。

全国約90校のミュージックスクール

バンドゥリアの曲

バンドゥリアは合唱や大衆音楽において演奏されることが多いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました