【音楽ジャンルと世界音楽市場】ユーロビートはなぜ衰退したのか ダンスミュージック

General

ユーロビートとは電子楽器を使ったダンスミュージックの一つとして分類されています。このジャンルは1980年代以降に流行したジャンルで、ディスコやシンセポップスなどの影響を強く受けています。ユーロビートでは曲の構成よりも、使用機材の方が重視される場合が多く、機材に関してこだわりを持つアーティストは多く居ました。2000年代以降になると、このジャンルは他ジャンルの台頭により衰退していったのです。

ユーロビートとは

ユーロビートは主に電子楽器を駆使したダンスミュージックの一つとして分類されています。1970年代にイギリスで発祥したと言われており、速いテンポを特徴とした非常に流行した音楽です。このジャンルはBPMが120‐160当たりのハイテンポで1980年代から1990年代にかけて広く流行していました。ちょうどこの時代にはFM音源からフルデジタルの時代への移行期だったということもあり、打ち込み音楽という用語が広まり、アーティストの間では導入する人が増えていった時代でもありました。

Eurobeat Music

歴史

ユーロビートの発祥は恐らくイギリスで、1970年代にディスコでドラムマシンのクラップ音を頻繁に使用した速いテンポのダンスミュージックがよくかかっていましたが、これがきっかけとされています。アメリカの歌手であるDonna Summer、イタリアのGiovanni Giorgio Moroderなどがシンセイサイザーを前面に出した音楽を売り出し、ヨーロッパ圏で大ヒットを続けたことでこのユーロビートが知られるようになり、1980年代からは全世界で流行します。1983年にはYAMAHAが世界初のフルデジタル・シンセサイザーであるDX7を販売したことも大きく、フルデジタル時代を迎えたことから、打ち込み音楽という革命が起こりました。これも作用し、ユーロビートは全盛期を迎えました。

衰退

イギリスを筆頭とする欧州のチャートを席巻したユーロビートは、アメリカでも1980年代後半から大ヒットしていました。しかしPet Shop Boysなどが「ユーロビート」として紹介されるなど、ヨーロッパとは違った形で受け止められていました。ユーロビートは1990年代後半になると、徐々に飽きられるようになりました。リスナーのほとんどはR&Bやハウス、テクノなどにとって代わられるようになり、他のジャンルに移り変わっていきました。2000年代になると、ユーロビートの曲はほとんど出なくなり、ヒットチャートにも登場しなくなりました。

PARAPARA

パラパラとは日本で流行したダンスの一つでユーロビートの影響を強く受けました。1980年代以降の日本で流行し、一定の振り付けの組み合わせをします。主にディスコやクラブで集団で踊ることが多く、当時の若者にとても受けました。しかし2000年代以降は衰退し、他のジャンルにとって代わられました。

有名アーティスト

ユーロの楽曲はある時期にとても多く出ていてバブルを迎えましたが、後に出てきたEDMによってレコードの売り上げはかなり衰退しました。サウンドはブームになりリリースが大量に出ていました。初頭はアルバムでユーロビートの正統派が多かったのですが後半の時期はヒップホップの要素も加わったものも散見されました。その後一部の人々で注目されております。数々の新しいグループも出ていましたので一覧で紹介します。

Rick Astley

イギリスのシンガーソングライターです。ソウルフルな声が特徴でポップスなどのジャンルが多かったですが、ユーロビート風の曲も多くあります。1900年代後半を代表する世界的な歌手の一人でもあります。

Bananarama

イギリスのガールズグループです。元々は3名で活動していましたが、1990年代以降は2人で活動することが多くなりました。1980年代から1990年代に活躍したアーティストで、ヨーロッパで広く知られたグループです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました