【音楽とスポーツ】運動と音楽BGMの因果関係

General

トレーニングジムで、音楽を聴きながら運動している人の姿をよく目にします。これは音楽が好きだから運動しながら聴いているだけの人もいます。しかし最近ではトレーニングジムなどでリスニングをテーマにしたプレイリストが選曲されるほど、運動における音楽試聴が定着してきています。運動をしながら音楽を聴くことでどのような効果が得られているのか気になっている人は多いでしょう。

音楽が運動に与える影響

スポーツ中に音楽を聴くと、どのような影響があるのでしょうか。アスリートのランニングなど身体のエクササイズと音楽の関係では以下のような動きに関係があるようです。topに挙げられる要素、情報をまとめて一覧で紹介します。私たちの健康は生活だけでなく音楽にも影響を受けます。始めるさいはペースを守るだけでなくモチベーションも考えましょう。施設や店舗で好きな音楽がそれぞれかかっているとやはり、体を動かしやすくなります。

リズム

人間は心臓があり、心臓が鼓動するタイミングに合わせて動作する動物と言われています。音楽にはリズム・メロディ・ハーモニーがありますが、その中でもリズムは人間に大きな影響を与えます。リズムに合わせて動作をすると、人間は一定の快感を得られます。人は自分の手足に固有のテンポがあるからこそ、リズミカルに歩けたり、走れたりするわけですが、それに合わせて音楽を選ぶと、とても心地よいトレーニングができるようになります。つまり音楽の選曲がおかしいと、運動中に不快感を感じるようになってしまいます。自分に合った選曲が必要になります。

集中力

スポーツ選手は試合前によくお気に入りの音楽を聴くことは有名な話です。スポーツ選手は試合前になると極度の緊張感と不安に襲われます。試合前には、いろいろな雑音が耳に入ってきます。他の選手の調子であったり、自分への期待の声・批判の声だったり。周囲の音が気になり、自分に集中できない環境であることも少なくありません。音楽は聴くことで、その不安を払しょくし、自分自身を鼓舞する役割を持っています。

リラックス

音楽にはリラックス効果を高めたり、痛みや辛さを和らげたりする効果もあります。自分の好きな曲を聴いている時は、楽しさや気分の向上などを司る脳の神経が活性化され、苦痛を感じにくくなるのです。トレーニング中にBGMを活用すると、実施時間を短く感じさせ、ストレスを減らすことに繋がります。

選曲

音楽を聴くことでスポーツ中に与える影響はとても強いですが、選曲を間違えると、逆効果にもなってしまいます。イベントなどでスポーツジムなどの会員はいろいろプログラムなど考える必要があります。

試合前

部活動や、本番の試合前に聴く曲は明るい曲や自分のとても好きな曲が好ましいです。これは自分自身を鼓舞しなければ、気持ちよく体を動かすことができません。そのため、暗い曲や悲しい曲はおすすめしません。

クールダウン

休憩するときや、運動が終わった時は落ち着く曲がいいでしょう。ヒーリングやアンビエント、クラシックなどはおすすめです。その反面、EDMやロックなどの激しい曲だと、体が落ち着かなくなってしまいます。

パフォーマンスは上がるのか?

スポーツ選手は競技前にいつも音楽を聴いているといいますが、実際のところパフォーマンスは上がるのでしょうか。

音量

音楽を聴いている時、大きな音量で音楽を聴くと、走行速度が速くなると言われています。

テンポ

アップテンポな曲を流した時は早く走れるそうです。また、ウォーミングアップアップ中に120〜140bpmの音楽を聴くと、その後の瞬発力が上がると言われています。

歌詞

やる気を引き起こしてくれるような歌詞を聴くと、運動後の乳酸の低下率が最も大きいと言われています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました