【音楽ジャンル】ネオソウルとは? R&Bの派生

General

ネオソウルは1980年代から1990年代で流行するようになっている新ジャンルです。アメリカやイギリスなどでヒットしており多数の有名アーティストがいます。ファンクやヒップホップなど、様々なジャンルから成り立つため、どこからがネオソウルなのかが難しいところです。ネオソウルは身近な存在になりみんなも知っている曲が多いはずです。

ネオソウルとは?

ネオソウルは1970年代あたりに発祥したR&Bの派生ジャンルとされています。アメリカやイギリスでは1980年代から1990年代ごろにとてもヒットしました。ネオソウルの音楽性は幅広く、R&B以外にもジャズやファンク、ヒップホップやキーボードなども融合されており、多数のジャンルがミックスされています。エレクトロニック音楽、さらにはフュージョンやアフリカン・ミュージックの要素も取り入れられており、幅広いジャンルともいえます。このジャンルは2000年代に全盛期を迎え、有名アーティストによってかなり認知されました。ネオソウルは他ジャンルとの差別化が明確にされていないため、非常に線引きが難しいジャンルです。しかも多数のジャンルと融合しているため、定義が難しいのです。

Neo Soul

ネオソウルの歴史

ネオソウルは早くて1970年代ごろから発祥してたとされています。1980年代から1990年代初頭にかけて有名アーティストが手掛けるようになり認知されるようになっています。1990年代にかけて、Soul II Soul、Caron Wheeler、The Brand New Heavies、Jamiroquaiなどなどがこのジャンルを取り扱っていました。2000年代になるとネオソウルは全盛期を迎えます。Jill ScottやIndia Arieなどは2000年代初頭に最も売れたネオソウルシンガーです。R&Bチャートでもこのジャンルがよく出てくるようになり、主流のジャンルとして位置づけられてました。しかし2010年代に入るとこのジャンルは徐々に衰退し、手掛けるアーティストが激減します。メインジャンルはEDMやヒップホップのサブジャンルなどに移っていき、徐々に聴かれてなくなってしまっています。

有名アーティスト

有名な注目の代表アーティストの情報を一覧で紹介します。エリカ・バドゥ、ディアンジェロの演奏を筆頭にサウンドやビート、シンセサイザーの音色に特徴があります。現在のシーンに影響を与えたアーティストも多いです。現代のポップ、ソウルミュージックの楽曲にも多様に影響を与えています。90年代の時代の黒人ボーカルのスタイルがとても音楽性に影響を与えています。当時は活躍しているプロデューサーも多数いました。

D’Angelo

アメリカのバージニア州出身シンガー。1995年にリリースしたファーストアルバム『Brown Sugar』が大ヒットしました。2000年にはセカンドアルバム『Voodoo』でグラミー賞最優秀R&Bアルバムを受賞しています。

Erykah Badu

アメリカのテキサス州出身のアーティスト。1997年のデビューアルバム『Baduizm』ではグラミー賞を受賞。ジャズやファンクを始めヒップホップなどを混ぜた音楽が流行し、一躍有名アーティストになりました。

Frank Ocean

アメリカのルイジアナ州出身のシンガー。2012年発売のファーストアルバム『Channel Orange』ではグラミー賞を受賞。ソウル、ヒップホップにポップミュージックなどを融合した音楽を製作しており、幅広いファンを獲得しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました