【音楽ライブ】コンサートの年齢層と年齢制限

General

音楽のコンサート、ライブというと、年齢制限があり子どもや若者が会場で飛び跳ねているようなイメージを持っている人がとても多いです。そのため、中年以降の年代になるとライブへ行くことに対して拒否反応を示す人も多くなってきます。しかし実際のところ、ライブというのは形式などにもよって年齢層はかなり変わってきます。そのため、一概に中年や高齢者であってもライブに参加できないというわけでもないのです。

年齢制限

ライブの企画次第になってしまいますが、ライブによっては性的表現をするものもあったりします。そのため、乳児や幼児などは入場制限がかかることがあります。それ以外でも、幼児は大人よりも音への抵抗力も弱く、自分で不快や不調を訴えるのが難しいこと、また大人よりも怪我をしたり事故に巻き込まれたりする可能性が高いことなどから、入場制限がかかっていることもあります。しかしこれは事前のライブの内容などを確認すればわかります。また、逆のパターンで高齢者などを制限するライブなどはほとんどありません。ライブの企画内容によっては親子で楽しめる専用のライブというものもあります。キッズ音楽のライブなどがまさにその典型です。

コンサートの年齢層

コンサートの年齢層は若者をイメージする人がとても多いでしょう。しかしこれはライブの企画次第でかなり大きく変わってくるのです。ライブ会場における開催ライブの企画内容や、アーティストの特色などを考えて参加するか検討しましょう。参加するライブによっては雰囲気がまるで違うということにもなりえます。チケットで席を取るときは必要な公演の情報を前に調べましょう。必ず購入するさいは連れと相談がおすすめ。小学生などお子様だともちろん保護者の同伴が必須だったり、迷惑になることもあります。座席の周りなど調べておきましょう。

ロック系ライブハウス

20代から40代くらいの年代がとても多いです。友達だけが出ているロック系ライブハウスの他に有名なライブハウスにも行ったりする年代です。激しいハードロック系になると、飛び跳ねる人が増えるライブになるため、中年以降の人たちには厳しいライブになってしまうでしょう。

キッズ音楽

キッズ音楽は親子連れがほとんどになります。逆に20代から30代などの青年が行ってしまうと、かなり場違い感を味わってしまうことになるので注意です。さらにキッズ音楽の場合は子供の声がとてもうるさいため、純粋に音楽を楽しみたい人にとっては苦痛になってしまう可能性もあります。

クラシック音楽

クラシック音楽のライブは子供などはほとんどいません。10代から高齢者まで幅広く訪れます。高貴なコンサートになるため、飛び跳ねるような人はまずいません。音楽そのものをじっくり楽しみたい人にとってはとてもお勧めできるジャンルと言えるでしょう。大声で騒ぐような人にはおすすめしません。

EDM

EDMなどはまさに若者だけが集まる音楽フェスティバルのようなものです。ほとんどの時間帯でみんな踊っており、体力的に厳しい人にはあまりお勧めできません。みんなと一緒に踊って跳ねたい人にはとてもお勧めできるジャンルです。

アイドル

アイドルライブの場合は性別がかなり偏ります。女性アイドルグループの場合は男性ばかりが集まります。男性グループの場合は女性ばかりが集まります。かなり偏りが出る理由はアイドルと握手したり、写真を撮りたい人が殺到するためです。

ポップス

ポップスはとてもバランスが取れています。騒ぎすぎるような人も少ないですし、静かに聞いている人もいます。年代も若者から高齢者までいるため、どの年代に対してもお勧めできるライブと言えるでしょう。

ジャズ

ジャズは大人向けのライブです。非常に落ち着いた雰囲気で音楽演奏されるため、中年以降の年代でもお勧めできます。比較的落ち着いた人たちが集まるため、音楽自体を楽しむことができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました