【イギリス音楽ジャンルと世界音楽市場】ダブステップとは エレクトロニック・ダンス・ミュージック

General

ダブステップは2000年代に世界中で大流行した音楽ジャンルの一つです。2000年代前半にイギリスの首都ロンドンで、当時もっとも盛り上がっていたクラブシーンから誕生したもので、世界中を席巻したジャンルでもあるため、知っている人はとても多いでしょう。このジャンルはヨーロッパ全土でかなり支持を受けた音楽の一つです。

ダブステップとは?

ダブステップとは1990年代にイギリスで生まれたと言われている音楽のジャンルです。エレクトロダンスミュージックの一つとして分類されます。この音楽はヨーロッパが発祥で、2000年代からアメリカなどの国でも人気が高まってきた音楽ジャンル。低音のベースや強くリバーブがかかったドラムパターンが多く、多くのファンを核としています。世界中でダブステップが大流行したため、多くのアーティストがダブステップをアレンジしてさまざまな楽曲が誕生しました。このような背景があることから、ダブステップから多くのサブジャンルが登場しています。派生ジャンルが多数出ていることで、把握しきれないレベルにまで枝分かれしています。

Dubstep Music

歴史

ダブステップの発祥は南ロンドンと言われています。1990年代後半にこのジャンルが生まれました。2000年あたりにロンドンのクラブでこのジャンルの曲が流れるようになり、2002年頃にはダブステップというジャンルとして知られるようになりました。2005年あたりからはこのジャンルはヨーロッパ全土に広がり、さらにサブジャンルなども生まれるようになりました。音楽雑誌などにもこのジャンルが取り上げられるようになり、多くのファンに認知されました。2010年頃になると、EDMとともにフェスティバルにおける主要ジャンルとなり、世界中で知られるようになったのです。

衰退

しかし2010年代の半ば以降からダブステップの影響力は次第に落ちてきてしまいました。この傾向はアメリカで顕著に現れました。人気アーティストがダブステップではなく、ポップスやトラップなどのジャンルに流れるようになり、ソウルフルなエレクトロニックにシフトしました。そのため、主要ジャンルではなくなり、他のジャンルにとって代わられるようになってしまったのです。2020年代に入ると、ほとんどの一流アーティストはこのジャンルを製作していない現実があります。

有名アーティスト

ダブ的なリズムがとても似合っているアーティストをまとめて一覧で紹介します。UKの音楽シーンで活躍するアーティストのサウンドは最近ハウスやブロステップなどの存在の影響を受けており、現在は多数の要素が絡んでいます。

Caspa

西ロンドン生まれの音楽プロデューサー。彼はグラストンベリーやグローバル ギャザリングなど、多くのイギリスの音楽祭に出演しており、彼のリリースしたBack for the First Timeは、BBCラジオ1のプレイリストに選ばれ、有名になりました。

Kromestar

南ロンドン出身のシク教徒で、音楽プロデューサーです。イギリスのダンス音楽シーンでは有名になった人です。自身のアルバムであるMy Soundでよく知られており、このジャンルで影響力のあるプロデューサーとしての地位を確固たるものにしました。

Skream

イギリスのデジタル系音楽のプロデューサーです。彼は15歳で音楽の制作を開始しダブステップジャンルの初期の時代に有名になりました。2006年に初のフルアルバム『Skream!』をリリースし、注目を浴びました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました