スポンサーリンク

【音楽ジャンルと世界音楽市場】ソウルミュージックはなぜ衰退したのか 多様化する派生ジャンル

General

ソウルミュージックは長年にわたり世界の音楽業界における主要ジャンルとして君臨していました。その影響もあり、多数のサブジャンルも発生しており、すべてを把握しきれている人も少ないでしょう。ソウルミュージックはアメリカで発祥したとされており、ゴスペルやブルースなどからの発展した音楽ジャンルとして見なされています。

スポンサーリンク

ソウルミュージックとは?

ソウルミュージックはアフリカ系アメリカ人のゴスペルとブルースが合わさり発展することでできた黒人音楽の一種です。ソウルミュージックは基本的には大衆音楽であり世俗的な音楽です。ソウルミュージックはゴスペルに由来するコード進行や、覚えやすいリズム、コールアンドレスポンス、即興の多用などがあります。ソウルミュージックはR&Bから派生した音楽ジャンルで、R&Bの一種と捉えることもできます。さらに長い間大衆音楽のメインジャンルでもあったことから多数のサブジャンルが生まれていることでも知られています。

Soul Music

Philadelphia Soul

フィラデルフィア発のソウルミュージック。作品の大半がシグマ・スタジオで制作されたことによりシグマ・サウンドとも言われるジャンル。ストリングスを擁した華麗で柔らかく甘めのサウンドが特徴です。

Chicago Soul

シカゴ発のソウルミュージック。明らかにゴスペルの影響を強く受けています。シカゴは1960年代、1970年代のソウル全盛期の拠点となったことから、サブジャンルとして確立されました。

Deep Soul

アメリカの黒人用ソウルミュージック。南部地域で発展したソウルミュージックです。そのためカントリーミュージックの影響も強く受けており、サザン・ソウルという呼び方をしている人も多くいます。

Blue-Eyed Soul

元もソウルは黒人音楽と言われていましたが、白人がこのソウルミュージックを取り入れて、ポピュラージャンルとして確立しました。ホワイトソウルや、ホワイト・リズム&ブルースなどの呼び方もあります。

Funk

ファンクはソウルミュージックから生まれた音楽です。ファンクはロックとも融合しており、ファンクロックというジャンルも派生していきました。とても有名なジャンルでポピュラー音楽の一つとされています。

Boogaloo

ソウルやブルースなどの影響を受けてニューヨークで発展したラテン音楽の1つです。カリブ海の音楽の影響も強く受けており、エレキギターやエレキベースなども混ざっており、複数のジャンルが融合しています。

歴史

ソウルミュージックは恐らく1950年代ごろにアメリカの黒人社会の中で誕生した音楽です。この音楽はR&Bやブルース、さらにはゴスペルの要素が交じり合って誕生した音楽とされています。1960年代にはポピュラー音楽の1つとして認知されました。1960年代に最も勢いがあり、最も認知されていたジャンルの一つです。1970年代から1980年代になると様々なサブジャンルが台頭し、多様化していきました。その中でもファンクミュージックなどは広く認知されておりヒット曲も多数生まれています。

衰退

ソウルミュージックは1990年代を最後に徐々に勢いを失っていきます。2000年代になると、アメリカではヒップホップやラップが全盛期を迎え、ソウルミュージックは存在感がなくなり、ヒットチャートから消えていきました。ヨーロッパでもEDMが流行することになり、ソウルミュージックは忘れ去られていきました。しかしカフェなどではいまだにソウルミュージックはよく使用されています。メジャーなジャンルではなくなったとはいえ、まだまだ部分的には生きている音楽ジャンルと言えるのではないでしょうか。

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました