【音楽ジャンル】Brooklyn Drillとは HipHop

General

Brooklyn Drillはニューヨークのブルックリンを中心として生まれた音楽ジャンルの一つです。このジャンルは比較的新しく2000年代に入ってから台頭した音楽です。元は2010年頃からシカゴで生まれたDrillからの派生とも言われており、今の若者であればある程度このジャンルを知っている人は多いでしょう。まだまだこれからの音楽で、期待されているジャンルの一つです。

Brooklyn Drillとは?

Brooklyn Drillは2019年から急激に国際的な注目を浴びた音楽です。別名をNew York Drillとも呼んでおり、アメリカを中心に発展しているヒップホップのサブジャンルです。ドリル・ミュージックのオリジンはシカゴで、このBrooklyn Drillはその派生版とされています。Trap調のビートに暴力的でギャングの抗争などを描いた過激な歌詞が特徴です。ドリル サウンドは、トラップミュージックとシカゴとUK のドリルミュージックを組み合わせたものです。特徴としてボーカルサンプルを使用した808 パーカッションがあります。まだまだ生まれてから時間が経っていないため、これから発展していくのか、それとも衰退していくのかが不明のジャンルです。

Brooklyn Drill

Brooklyn Drillの歴史

Brooklyn DrillはラッパーのBobby Shmurdaによる2014 年のシングル「Hot Nigga」で最初に注目を集めました。Brooklyn Drillの起源はこの曲にあると言われています。この音楽のジャンルは2016年に22Gzの「Suburban」、2017年にSheff Gの「No Suburban」をリリースしたことで、より人気が高まり、本格的にアメリカで注目を浴びるようになります。UK drillはこのあとイギリスで大きな反響を産んでおり、同時にBrooklyn Drillも全盛期を迎えます。

Brooklyn DrillはPop Smokeの曲「Welcome to the Party」、「Dior」、「Gatti」、さらにはFivio Foreignの曲「Big Drip」、「Demons」でビルボード ホット100にランクインしており、Pop Smokeの曲「Dior」は2021年のグラミー賞にノミネートされました。これによりBrooklyn Drillは一般化されたジャンルとして認知され、より広範にニューヨークの音楽産業に浸透しました。

3つのスタイル

Brooklyn DrillはグライムやUK Drillのビートとスタイルを持ち込んだとされています。つまり、シカゴ南部、ロンドン・ブリクストン、NY・ブルックリンという3つの土地、街のスタイルが混ざっているのがBrooklyn Drillなのです。Brooklyn DrillはUK Drillの音楽との混交にあるため、イギリスとの交流も盛んになりました。USのヒップホップ・カルチャーとその音楽は、UKのヒップホップと音楽的に混ざり合うことはあまりなかったのですが、その前例を打ち破ったのが、Brooklyn Drillなのです。ヒップホップ=アメリカであり、UKらしいサウンドを取り入れて発展していった珍しい例なのです。

有名アーティスト

Pop Smoke

アメリカのラッパー。ブルックリンのカナーシーで生まれ、2018年にデビュー シングル「MPR 」で認知されるようになりました。2019 年にブレイクアウトシングル「Welcome to the Party」と「Dior」をリリースして世界的に有名になりました。

Fivio Foreign

ニューヨーク出身のアメリカ人ラッパーです。 彼は2019 年にシングル「Big Drip」で有名になりました。 ブルックリンのイーストフラットブッシュセクションで生まれ育ち、2011年に「Lite Fivio」という名前でラップを始めました。2013年に、彼は名前を Fivio Foreign に変更しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました