【音楽ジャンルと世界音楽市場】ニューエイジ・ミュージックとは? ヒーリング リラクゼーション BGM

General

ニューエイジ・ミュージックは極めて地味な音楽ジャンルの一つで、どの時代でも主流ジャンルとなったわけではありません。しかし、癒し系音楽として多くの商業施設や企業などでこのジャンルの音楽を採用し、流しているという事実もあります。そのため、地味ながらも、このジャンルはずっと需要があり続けるのではないでしょうか。

ニューエイジ・ミュージックとは?

ニューエイジ・ミュージックとは、1960年代のアメリカが起源と言われています。ニューエイジ・ミュージックはヒーリング、リラクゼーション、BGM、イージーリスニングといったジャンル名で呼ばれていることが多いです。最大の特徴は、器楽演奏がメインのジャンルであると言えます。全体的に穏やかでゆったりとした気分になれる音や、美しいメロディーを重視した作品が多いです。これはリラクゼーション効果を狙ったり、癒しを狙うものが多いからです。静かでメロディック、もしくはリズムが入っても決して激しいものではないという特徴があります。

New Age Music

ヒーリングミュージックとニューエイジ・ミュージック

よくヒーリングミュージックと同一視されますが、厳密には異なります。ヒーリングミュージックは主要目的が音楽によって精神を鎮め心を癒すということになります。しかしニューエイジ・ミュージックの場合は一概にそうとは言えません。あくまで音楽的に美しいメロディーを追求したり、美しい響きの音楽を追求して作るということを念頭に置いているからです。作曲時のアプローチにおいてさが見られています。ニューエイジ・ミュージックは基本的にはインストゥルメンタル音楽であり、また映画の劇伴音楽も基本的にインストゥルメンタル音楽が中心であることから、映画音楽も好んで聴く人が多いです。

Healing Music

歴史

1960年代ごろからアメリカやヨーロッパにおいて、自然回帰願望を持った人々を対象として、実験的な音楽が始まりました。これがニューエイジの始まりと言われています。ブライアン・イーノの楽曲がとても好評になり、世界は環境音楽やアンビエントなどに対する注目が集まるようになり、志向する作曲家が増えていきました。1986年にはグラミー賞にニューエイジミュージック部門が創設されました。機材のデジタル化が進んでいったことにより、このジャンルもDTMにより作曲されることが多くなり、色々なジャンルのアーティストがこのジャンルに参入しました。ただ、やはり主要ジャンルとはいえず、メインで使われているのはカフェ、スパ、病院、水族館などの商業施設におけるBGMです。BGMとしての需要は絶大なため、今後も生き残っていくジャンルとされています。

有名アーティスト

George Winston

アメリカのピアニストです。彼の楽曲はニューエイジ・ミュージックというジャンルを大きく流行させました。またピアノだけではなく、ギターやハーモニカなどもライブでは演奏しており、多彩な演奏家でもあります。

Enya 

アイルランドの作曲家であり、歌手でもあります。ケルト音楽、クラシック音楽、教会音楽、民俗音楽の要素を取り入れた音楽であり、ニューエイジ・ミュージックにおける、最も有名なアーティストの一人です。

Adiemus

ウェールズの作家によるアルバム・シリーズ。アルバムはそれぞれ、オーケストラをバックにボーカルを乗せ、リズミックなコーラス・アレンジメントを特徴としています。民族音楽の要素も大きく反映されています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました