【ボイストレーニング】歌手以外にも効果あり 声優、ナレーター、タレント、アナウンサー

Instrument

ボイストレーニングと聞くと、ナレーターや声優、俳優のビジネス分野ではなく歌手専門のトレーニング手法だと思っている人がとても多いです。きれいな声を出したい人に対し、発声や歌唱などのボイストレーニングの指導をするのがボイストレーニング。つまり、用途としては歌唱に限定されるわけではないのです。声を扱うことを職業にしている人たちにもボイストレーニングが有効です。

ボイストレーニングとは

声楽家・俳優など、発声が重要なポイントになる職業の人が行う声のトレーニング方法です。元々は歌手向けのトレーニングが多く、クラシック音楽でいう声楽の基礎を教えるものです。しかしこの手法は歌手に限定されているものでもなく、声を扱うものであれば、様々な職業の人にもとても有効なトレーニング手法です。ボイストレーニングをすることによって、まず音域が増え、声量もあがります。声が通りやすくなることで、仕事がより捗るようにもなります。そのため歌手に限ったトレーニング手法ではないのです。

音域が広がる

音域が広がると多種多様な声が出せるようになります。裏声はもちろん、今まで出すことができなかった音域が自然に出るようになります。声の通りも良くなります。

表現力の向上

表現力や歌唱力が大幅にアップします。ボイストレーニングを通じることで、感情表現としての抑揚をコントロールする技術が向上し、より多様な声を出せるようになるのです。

声量の向上

ボイストレーニングをすると、声量が上がります。少し声量を落としてもちゃんと他人に声が聞こえるようになるため、とても便利になります。

ボイストレーニングがおすすめの職業

次に上記のようなメリットを活かせる職業を紹介します。ボイストレーニングは意外とたくさんの職業で活かせるものであり、非常に有用なトレーニングといえるでしょう。プロの講師から滑舌やナレーションなどオンラインで教えてもらいましょう。先生から実際にボイスの相談、話し方など生徒として受講して養成してもらっている方は多いです。言葉の滑舌など内容を確認するために受けている方もいます。同じボーカルのようにしっかり対策してイベントに臨んでいる方もいるのです。苦手な方でも実績のあるボイストレーナーのもとで実践して始めてみましょう。

声優

アニメやドラマなどの声優はキャラクターによっていろいろな演出をしなければならず、そのキャラクターの色を出せるような声を出さなければなりません。ボイストレーニングをすることで表現力が付いてより豊かな感情表現ができるようになります。

ナレーター

ナレーターは映像作品などで需要がある職業の一つ。ナレーターもその映像作品を引き立てる役目があるため、魅力のある声である必要があります。そのため、ボイストレーニングをすることで自分の声帯の魅力を引き出すことができます。

タレント

タレントは声だけでなく、人前にも出てくる職業ですが、人前で話すにあたって声が小さいとイメージが悪くなる傾向にあります。ボイストレーニングをすることで声量をあげて、印象をよくすることもできます。学ぶことで合わせて個性を将来、ビジネスで活かせる方も多いです。不安なら申し込みをしてみましょう。

アナウンサー

アナウンサーは人前に出て、原稿を読む仕事ですが、最も大事なのは声が聞き取りやすいか、そして声量があるかどうかです。これはボイストレーニングをすることで十分解消が可能です。アナウンサーはいかに自分の声を相手に聞き取りやすく伝えられるかが重要です。

俳優

俳優も人前に出て、演技をする職業。当然ながら台詞もあるため、相手に聞き取りやすい声である必要があります。演技が良くても声が聞こえなければ魅力は半減してしまいます。これらの悩みはボイストレーニングをすることで十分解消が可能です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました