スポンサーリンク

【音楽ジャンル】ノイズミュージックとは? 特徴と歴史

General

ノイズミュージックは一般的に音楽とは分類されることが少ないジャンルと言えるでしょう。ノイズの出し方や使い方はひとそれぞれで、実験音楽、アンダーグラウンドな音楽として認知されています。音楽的常識からはかけ離れた音楽で、ほとんどが音楽として認識されていないのです。リズムや旋律は原則としてありません。

スポンサーリンク

ノイズミュージックとは?

ノイズミュージックは一般的には音楽に分類されていません。旋律やコード進行などは一切考慮されておらず、リズムなども一切ありません。ノイズはコンピューターやシンセサイザーによりノイズを発生させるものや、工具などを使うことにより出す音、さらには衝動的な演奏、エフェクターなどの電子機材を用いた雑音なども使われています。演奏や作曲の手法によって規定されているようなジャンルの音楽ではなく、アーティスト・作品によって様々な手法が用いられています。そのため、これと言ったサウンド的な定義は難しく、色々な音色が存在します。またアーティストによってはロック、ジャズ、ヒップホップなどのスタイルにノイズを混ぜた音楽などをリリースしているため、多種多様な音楽とも言えるでしょう。一覧で紹介します。

Amazon Music

Apple Music

Noise Rock

ノイズミュージックの中で、とても多いのがロック。衝動的な演奏などが持ち味で、コード進行やリズムなどは一切考慮されていません。実験的な手法を取り入れているバンドが多く、エレキギターによるフィードバックノイズや、エフェクターによる音の歪みなどが持ち味です。日本でも活動しているバンドは多いです。現代音楽で表現し、インダストリアルの芸術の分野を引っ張っています。最近は騒音などを音楽にしているケースが多いです。

Noise Jazz

ノイズミュージックはジャズなどにも使用されます。ノイズジャズはジャズ音楽の中で、実験的な演奏や無秩序なスタイルなどを導入していることが多く、リズムや演奏スタイルなども完全に自由なものが多いです。自身で環境の影響や思想に基づく音楽で文化のムーブメントを起こしています。音楽で文化のムーブメントを起こしています。フリーでダウンロードできる曲もあります。

Scum Music

意味不明で悪ふざけのような演奏や奇妙な雑音を指している音楽です。わざと下手に演じるスタイルなどが多く、これをノイズミュージックに分類することもあります。素人ミュージシャンが真面目に酷い演奏をするようなものもこれに当たります。

歴史

音楽にノイズを入れるという試みは恐らく1900年代初頭あたりからすでに始まっていたと言われています。ノイズミュージックの起源は定かではありませんが、1950年頃になると、雑音主義というものが流行り、多くの作曲家が雑音音楽の世界に興味を示し、フォルカー・ハイン、ハンス-ヨアヒム・ヘスポスらが作曲をしています。1900年代後半になると、ノイズミュージックというカテゴリーが設けられるようになりました。しかし1970年代になるとノイズ分野にも陰りが見え始め、ほとんどが商業音楽の世界へ移っていきました。それ以降のノイズミュージックはジャズやロックなどのジャンルと混ざったものが多くなり、多種多様化していきました。

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました