【音楽ジャンル】アニメソングとは? アニソン主題歌の歴史や意味を解説

General

アニメソング(アニソン)は日本を主体に流行している音楽ジャンルと言えるでしょうから意味や使い方、歴史を解説します。日本ではアニメ文化が1900年代中盤からずっと栄えており、一定数のアニメオタクに対して需要があるジャンルです。アニメソングという名前の通り、アニメに関しての楽曲がほとんどで、ジャンルの様々なため、サウンド的には多様化しています。

アニメソングとは?

アニメソングとはその名の通りアニメに関しての楽曲を指します。ジャンルや曲調はすべてアニメの内容によってかなり差があるため多種多様化しています。ロック、ポップ、クラシック、ジャズ、ヒップホップなどジャンルは様々であり、アニメの企画次第でいくらでも変わってきます。一般的にはアニメソングはアニメの主題歌を指すことが多いのですが、それ以外にもキャラクターソングなどもあります。アニメソングは日本を中心に栄えていますが、外国ではそれほど大きく認知されていません。これは日本がアニメ文化が根付いているという理由に起因しています。

Amazon Music

Apple Music

日本で生まれたジャンル

アニメソングは日本で生まれました。アニソンの曲集は情報を探すと、歌詞や声優がトップでwebでヒットするはずです。歌う曲はすべてアニメのテーマソングが多いはず。一覧で見てもそれだけ日本はアニメの文化が深いのです。提供されているソングはランキングでみてもアニメ作品、テレビアニメを連想させるものばかり。ヒット曲は昭和の当時から発表されて続いています。童謡、アニメ音楽の配信イベントや特集も年間で組まれることも多いです。カバーやBGMも多数誕生しておりアニメーションは海外でもニュースになるほどミリオンセラーの名曲が多いのです。

主題歌とは?

主題歌はもともと、映画やテレビ音楽などで存在していましたが、アニメにも登場するようになりました。アニメの主題歌はオープニング・エンディングからなるアニメソングの基本的なフォーマットが定型で、アニメ本編のサウンドトラックとは別の作曲家が担当することが多いのが特徴です。また、アニメ主題歌の場合は、歌ものの楽曲がほとんどで、インスト系の楽曲はほとんどありません。これはキャラクターソングなどにも同様の傾向が見られます。楽曲のジャンルもさまざまで作品イメージを連想させるスタイルに合わせることが多いです。

歴史

元々アニメソングというものは存在しませんでした。まだ白黒のテレビの時代だったころ、テレビドラマや映画では主題歌というものが既に存在してましたが、アニメには何もなかった時代でした。そこでアニメソングというものと基本的なフォーマットが完成していきます。そのきっかけをつくったのが日本のアニメである鉄腕アトムです。1960年代に放送されていたこのアニメで新しい試みがなされました。それはアニメの主題歌をオープニングとエンディングに挿入したのです。これにより日本のアニメでは必ず、オープニングとエンディングに歌の楽曲が登場するようになりました。アニメにおける基本構成が確立したのが鉄腕アトムなのです。

1970年代になると、このアニメにおける主題歌専門の歌手なども登場しました。それに伴い、商業化されていき、アルバムやシングルレコードが企画・発売されるようになっていきます。1980年代以降はアニメ自体の制作数が増えていったこともあり、アニメソングの需要も激増し、レコードショップもアニメソングというカテゴリーを作るようになりました。アニメソングはアニメ自体の人気によって売り上げは変わるものの、100万枚以上のセールスを記録するものも登場するようになっています。ただしアニメソングというジャンルは主に日本のみの現象です。これはアニメ文化が外国にもあるものの、日本以上に活気のある国はないからです。

アニメソングは添え物

しかしここで注意したいのは、アニメソングはメインではありません。アニメ自体があくまで主役であり、アニメソングは引き立て役でしかありません。これは映像作品全体における宿命と言えるでしょう。映画でもドラマでも俳優や映像自体が主役であり、音楽はあくまで添え物でしかないのです。もちろんゲームにも同じことが言えます。音楽が目立ちすぎると、映像自体を殺してしまうことが多いのです。そのため、主題歌は派手なものが多くても、劇中の音楽などは地味なものが多いのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました