現代社会 : 音楽依存症とスマートフォン依存症

General

音楽依存症やスマートフォン依存症というのは現代人が抱える病気の一つと言えるでしょう。android、iphoneのスマホや携帯を1日中、音楽を聴いていたり、もしくはスマートフォンをずっといじっていることで、無意味な一日を使ってしまうことも多いでしょう。もし、音楽を聴いていないときにイライラしたり不安になったりしたら要注意だと思います。何時間も聴き続けて時間を浪費してしまう人は自分の生活自体を見直す必要があるかもしれません。

音楽依存症

音楽依存症はとにかく音楽を聴いていないと、不安になったり、怒ったりする病気です。これは肉体的な影響はありませんが、精神的に不安定だったりする人によく表れる症状です。この症状は特に、自分に自信がない人や常に不安を抱えている人が、現実逃避の手段として音楽へ逃げることが多く、結果的に1日中音楽だけ聴いてしまうのです。このような病気にかかった場合は次の解決策を考えてみてください。これは特集も良く組まれます。

音楽を仕事にする

自分は音楽しか生きていく道はないと考えている人がいるのであれば、ぜひ音楽を仕事にしてみましょう。音楽講師、音楽スタジオのスタッフ、収録現場のエンジニア、アーティスト、音楽家養成学校など、就職してしまうのも手です。こうすることによって自分の存在意義を音楽に見つけることができるようになるのです。

他の趣味を見つける

音楽依存症になってしまう人は無趣味の人もいたりします。その場合は他の没頭できるような趣味を見つけてみてください。こうすることで、音楽だけに依存することがなくなるからです。試しに自分に興味が持てそうなものに手を出してみてください。

恋人を作る

音楽依存症になってしまう人は孤独な人も多いです。そんな人はぜひ恋人をつくってみてはどうでしょうか。今の社会はデートアプリやコミュニティなど、異性との出会いを探す手段が多様化してきています。相手に夢中になれば、音楽だけに依存する必要がなくなります。

スマートフォン依存症

スマートフォン依存症は音楽好きだけでなく、現代人が悩まされている病気でしょう。町中を見てもスマートフォンを操作し続ける人が増えてきているのが実態。これが深刻になると、視力の低下、不注意による事故、仕事に対する影響も起こってきてしまいます。早急な解決策が必要になります。下記のような行動を心がけてみてください。スマホの情報の取り扱いについて、一覧で紹介します。新着がでると会社などでも話題になりますが購入するとどうしてもサービスに夢中になりアプリの利用において対応を考える必要があります。

枕元に置かない

寝る前の使用時間を減らすために枕元にスマートフォンを持っていかないようにしてみましょう。アニメや商品、曲の歌詞などどうしてもみてしまいがち。

かばんに入れて持ち歩く

外出するときはスマートフォンをポケットに入れるのはやめましょう。すぐに取り出せてしまい、見てしまうからです。スマートフォンはかばんの中に入れて、取り出しづらくしておくようにしましょう。

長いパスワードを設定

端末のロック解除時に使うパスコードや、各SNSへのログインパスワードなどなど、あらゆるパスワードを長いものに設定してみてください。パスワード解除が面倒になり、あまりいじらなくなります。

音楽依存症とスマートフォン依存症

音楽依存症とスマートフォン依存症は同時に起こりやすいことを知っていますか?実はスマートフォン依存症の人は音楽依存症になる傾向があります。とくにYoutubeの音楽動画を延々と見てしまったり、SpotifyやAmazonなどで音楽をずっと探し続けてしまったりしてしまう人が現代社会でとても急増しています。特に若年層ではこの傾向がとても顕著です。これらの依存症がひどくなると、自分一人の世界に引きこもるようになってしまい、友人、恋人、家族を失う可能性が出てきてしまいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました