【音楽教育】ピアノやバイオリンは何歳から始めるべき?子どもの習い事、音楽教室

General

ピアノやバイオリンと言った人気な楽器は子どもの歳で絶対音感などメリットがあり習い事として人気があり、教室や習い事で始めるさいランキングなどでいつも上位に挙がっています。しかしここで思うのはいったいいつから始めたらいいのか?ということです。実際に楽器を学ばせることで何を習得させたいのかによって開始時期は異なってきます。目的別にいつ楽器を開始したらいいのかを記事にしました。

絶対音感

人間が獲得できる音感には、絶対音感と相対音感の2種類があります。相対音感は訓練すれば大人でも得られるもの。しかし、絶対音感は小さいうちにしか身につかないといわれているのです。絶対音感を持つ人の多くは、5歳までに音楽のレッスンを始めていたといいます。実際に、耳は3歳を過ぎる頃から発達しはじめ、4~5歳くらいで急激に成長します。6歳を過ぎると、絶対音感は身に付かないとされており、6歳や7歳あたりから音楽レッスンを始めたケースでは絶対音感は身に付いていません。

絶対音感とは

絶対音感とは、音を聞いて「音名」を把握する能力のことです。「音名」は絶対的な音の高さを指します。絶対音感を持っている人の多くは、小さい頃から音楽教室に通うなどして、聞いた音の音名を判断する訓練をして身に付けています。絶対音感を持っている人は、聞いた音を正確に再現できます。自分が聞いた音を正確に楽譜に書き取ることができるのです。

相対音感とは

相対音感とは、音と音との距離を把握できる能力です。ある音が、他の指定された音からどのくらい離れた音かを認識できます。相対音感は絶対音感とは違い、年齢を重ねても、高齢者になっても取得できる素養です。

音感を養う

音楽を始める年齢は早ければ早いほどよいです。人の耳の成長が止まるのはとても早く、7歳になると止まってしまいます。それよりも前に音楽教育を始めることで、絶対音感を身につけることができると言われています。7歳を超えてしまうと身につかないわけではありませんが、少し苦労することになるでしょう。そのため、ピアノ教室で音楽を始めるなら7歳までが良いとされています。個人で教室で習うには若い方が良いです。入会すれば小学生や幼児でも講師の先生がつくので弾くことを習い、発表会で活躍できるのでポイントです。

認知症予防

音楽楽器を始めることで、指を常に動かすことから脳が刺激され、認知症を予防できることがわかっています。脳の刺激を求めるのであればもちろん、早い段階から音楽を始めるのが良いでしょう。しかし高齢者になってからも楽器を始めることは可能です。楽器を始めることには体力は不要ですし、資格が必要というわけでもありません。リズムなど高い素養を身につけ考える力が身に付きます。小学校のグループで集中力を身につけるのと同じような感覚で成長します。ピアノレッスンで鍵盤に合わせて指導を受けることで刺激を受けます。

脳の発達

楽器の練習によって脳が発達することはわかっています。右手と左手を同時に使うピアノは、右脳と左脳の両方を活性化させることがわかっています。これは他の楽器にも言えることで、指を動かす楽器であれば、脳の発達を促進させることが分かっているのです。脳には、発達しやすい年齢というものがあります。20歳時点での脳の発育度を100%とすると、4歳ですでに約80%、6歳では約90%にもなっているそうです。つまりこの年代に脳に刺激を与えることが重要だといえます。お子さんは学習を経験することで学ぶ環境も充実します。ある程度楽しさも感じることでしょう。

プロの演奏家

もし自分の子供に音楽家になってもらいたいというのであれば、早い段階から音楽を始めることが好ましいです。幼少期は物事に対する吸収がとても早いため、とても多くの素養を得ることができるのです。また、音楽家になるのであれば、競争も激しい世界なので、一刻も早く音楽を始めたほうが良いでしょう。勉強で学びはじめれば役立つスキルがストレスなく、問題なく習得できます。人前でライブなど目指すことも可能です。お子さまでもそれぞれ本格に行うことで自己を高めることで成長します。集中することで伸びるスピードも大きくなります。

生まれる前から音楽を認識

胎児は20週を過ぎた頃から、音をしっかり聞き分けていると言われています。胎教で音楽を聴かせるのが良いと言われているのです。つまり人間は生まれる前から音楽を認識できるということです。音を楽しむという意味では早いに超したことはありません。音楽が子供の心を落ち着かせる効果もあり、音楽教育はとても効果的な教育です。親御さんは自宅で集中力を持って子に教えることも重要。生まれてからも様子を見て楽器を購入していくと良いでしょう。一緒に幼児期から多少の費用をかけても大切な金を使って無理なく通わせていきましょう。初めてのトレーニングにおいて電子ピアノに月謝や教材などさまざまな出費は家庭であります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました