【音楽と育児】子育てにおすすめの音楽

General

育児というのは非常に疲れてパワーを使います。ママの子育てを仕事に例えるならば、育児は一つのビジネスを立ち上げるのと同じくらいの労力を使います。特に乳児は1日中注意を払う必要があり、親としてもっとも辛いときでしょう。これから生まれる子や生まれたばかりの子、さらには幼児にとても有効で良い影響を与える音楽というものが存在します。現在子育て中の家庭はぜひ音楽を聞かせてあげましょう。

音楽が新生児に与える影響

赤ちゃんは母親のおなかの中にいる20週後あたりから音が聞こえていると言われています。それは音楽だけでなく、生活音、家族の会話、家の中の掃除の音など、その影響を受けると言われています。早い人だと、赤ちゃんがまだお腹の中にいる頃からクラシック音楽を聴かせる家庭もあるそうです。このように早い段階から音楽を聴かせることで新生児に対してどのような影響があるのでしょうか。

音を知る

早い時期から音楽に触れることで耳を音に慣れさせることができます。耳に音が残ることで、大きくなってから音楽を始めた時に音程をつかみやすいと言われています。将来的に音楽家にさせたい場合は、おなかの中にいる段階から音楽を聴かせる方がいいのかもしれません。

リズム感

小さい頃からリズムのある音楽を聴き続けていると、体がリズムを覚えることがあります。リズム感覚は、歌を歌うときなどにも大切なので、早い段階からリズム感が体に染みつけば、将来歌がとっても上手くなるかもしれません。

リラックス効果

ゆったりとした落ち着いた曲を聴かせることで新生児の精神状態を落ち着かせることができます。ヒーリングのような音楽は特に有効とされています。子供が寝る前にクラシック音楽やアンビエントを聴かせると、寝かせやすいそうです。

言語習得

音を聴いた赤ちゃんは、まずその音を自分の中に蓄積します。聴いて溜めこみ、学習するのです。そして、学習した音を今度は自分から発してみます。こうすることによって言語習得が早くなると言われています。学んで蓄積された音を組み合わせることによってやがて言葉を言えるようになり、言語能力を伸ばしていくことができます。

育児におすすめの曲

本題になりますが、どのようなジャンルの曲が乳児や幼児に対して有効なのでしょうか。実際に過去の育児の例では下記のような音楽を聴かせる家庭が大半を占めているのです。子どもの心の充実が重要でママは教育に良いものがおすすめです。パパと一緒に以下のような感じの曲を毎日時間をかけて表現して歌ってあげると良いと言われています。みんな素敵で豊かな人生を歩めることでしょう。さまざまな曲のジャンルがありますので親子で試しにまずは一緒に聞いてみましょう。。

オルゴール

赤ちゃんが好む音は美しい楽器の音色であるとか、調和が取れていて穏やかな音楽であるといわれています。そのなかでも高音が穏やかに演奏される音楽は特によく反応すると言われていて、赤ちゃんが聴き取りやすい声の高さと同じと言われています。オルゴールは音色がとても高いため、適切と言えるでしょう。

シンプルな歌詞の曲

音を聴いた赤ちゃんは音を今度は自分から発してみます。こうすることで、言語を習得していくのですが、そのためにはできるだけ歌詞が簡単で単純な曲が好ましいです。難しい言葉がたくさん並んだ歌では、結局のところ難しいだけで、歌詞としての言葉の理解などは到底できません。そのため、歌詞が単純で繰り返しが多いものが良いです。結果的に言語も早く覚えていきます。

ピアノ

ピアノはオルゴールと同様で、音階がとても高く、赤ちゃんが好む音に近いとされています。高音が穏やかに演奏される音楽はとても乳児や幼児に好感を与えやすいため、ピアノの曲はとてもお勧めできます。

クラシック音楽

赤ちゃんがまだお腹の中にいる頃からクラシック音楽を聴かせる母親はとても多いです。クラシック音楽の中には、雰囲気の暗い音楽や怖い音楽も存在します。赤ちゃんに聴かせる場合には、そのような音楽ではなく楽しい雰囲気の音楽や、落ち着く音楽にしてください。子供向けの定番クラシックといえば、モーツァルトのきらきら星などがおすすめ。

共通点

以上で挙げた曲やジャンルの傾向としてはまず、落ち着く曲であること。激しい曲やテンポの速い曲だとあかちゃんはついていけません。次に大事なのはシンプルで、音階が単純、さらには歌詞も覚えやすいものが重要です。単純な曲ほど覚えやすく、結果的に言語の習得も早くなります。そして最後にはリラックスできる曲です。赤ちゃんはクラシックやヒーリング、アンビエントなどが良いと言われています。逆にポップスやロック、EDMのような刺激の強い音楽はあまり向いていないです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました