フルート: オーケストラ楽器の特徴、歴史、価格について

Instrument

フルートの音の材質、高い音色、特徴など解説します。旧石器時代に作られた横笛が元になったとされています。そのため、歴史がとても長いことで知られている楽器です。木管楽器の一つでオーケストラで必ずと言っていいほど出てくる楽器です。非常に有名な楽器で、世界中の人に知られています。フルートは、ルネッサンス時代から現代に至るまで、さまざまな改良が加えられてきました。19世紀頃の改良版が現在のフルートになっているといわれています。

場所

ヨーロッパでこの楽器は生まれました。オーボエ、サックス、クラリネットなどと並ぶ美しい吹奏楽器です。初心者にも人気で魅力があり、洋銀、プラチナ、金や銀の色がデザインとして特徴になっています。表現が多彩でジャズやクラシックなど様々な分野で活躍します。最初の練習では明るい音が出るまで難しいと言われています。

価格について

フルートは安いものでも10万円以上で、100万円くらいのものがあります。値段が高いほど、基礎ができればフルーティストは幅広く奏でることができます。ピアノやボサノバなど異なるジャンルでも楽曲で変化を与えます。

開発会社

現在世界では多数のフルート製造メーカーが存在します。

社名特徴
YAMAHAJapan日本の有名なメーカーで多くのプレイヤーに愛されています。
PEARLJapan柔らかいサウンドを誇るパールフルート。
NAGAHARAUnited Statesかつて日本で国産フルートメーカーの製作者として活躍した永原完一氏がアメリカ ボストンに立ち上げた会社。
BURKARTUnited Statesアメリカ ボストンでハイテクノロジーとハンドクラフトの技術を融合させて生まれたフルート&ピッコロメーカー。
BRANNENUnited Statesボストンに工房を構える、フルート界のトップメーカー。
POWELLUnited States80年以上も続く伝統あるメーカー。

フルートの歴史

旧石器時代の頃に、動物の骨で作られた横笛が使われていました。これをフルートの祖先と見ても間違いではありません。現在、フルートといわれる横に吹く方式の笛が、いつ、どこで最初に用いられたのかははっきりしていませんが、一説には、紀元前後、あるいはそれ以前のインドに発祥したといわれています。これが中国に伝わり、さらに日本や、シルクロードを通ってヨーロッパに伝えられていったと考えられています。現代のオーケストラなどで活躍するフルートの原型が現れ、広く使われ始めたのは、ルネッサンス時代の16世紀からのことです。ルネッサンス時代のフルートは、1本の円筒型の本体に唄口と指穴が7つ開いているだけのたいへん簡素な構造で、出せる半音にも限りがありました。
17世紀後半になってから、本体のかたちが円すい形になり、キーが1つついたフルートが作られ始めます。ドイツの管楽器製作者テオバルト・ベームは、1847年のパリ万博で画期的なフルートを発表しました。そのフルートは、管が金属製で、キーがたくさん付いていました。それまでのフルートは、音程が不安定で、音を出すのもむずかしかったのですが、そうした欠点が、ベームの新しい楽器では飛躍的に改善されたのです。現在のフルートはテオバルト・ベームが開発したフルートなのです。

フルートの特徴

フルートは柔らかく高いかわいらしい音色です。フルートは他の木管楽器とは違い、リードを使用せずに「リッププレート」と呼ばれる部分に息を吹き込んで発音します。リッププレートは、木製フルートの管の厚みや太さを部分的に残すためにつくられたもので、金属製フルートを初めてつくったテオバルト・ベームが、吹きにくくならないように考えられたものです。フルートは木製の楽器ではありませんが、木管楽器に分類されます。木管楽器は材質が木というわけではなく、発音原理が唇を振動させるリップリード(金管楽器)でないものを指します。フルートはリードを使わず、唇の振動はさせないで空気を振動させて音を出す「エアリード」という木管楽器に分類されます。フルートの音域は、3オクターブと幅広い音をだすことができます。音域が広く低い音でも演奏することができます。吹奏楽では、ソロパートを担当することが多いです。

フルートの種類

Piccolo

フルートに比べて小さいため、とても高い音域を演奏します。

Alto flute

アルトフルートはフルートよりも管長が長い楽器で、フルートよりもさらに低い音を出すことができます。

Bass flute

バスフルートはアルトフルートよりもさらに大きく重いので、立って演奏する事はなかなか大変です。

Soprano flute

フルートとピッコロの中間の音色を持っています。

Treble flute

ソプラノフルートよりもさらに高い音が出ます。

Flute d’amore

フルートダモーレは、フルートとアルトフルートの中間の音域を持つ楽器です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました