篠笛 : 民族楽器の特徴、価格、歴史について

Instrument

篠笛は日本の伝統的な木管楽器で平安時代にはすでに広く使われていました。祭り、獅子舞、神楽等で使われていた楽器で、日本人にとってとても馴染みのある楽器と言えます。エアリード楽器の一つとされ、2オクターブ半ほどの音域があります。篠笛は簡素な構造の横笛で、伝統音楽では単純に笛とか竹笛と呼ばれることが多い楽器です。日本の庶民階級の中で大きく普及した楽器が篠笛です。

場所

日本でこの楽器は生まれました。唄や太鼓、和太鼓などと調子を併せて演奏をします。全体で大きめな穴があり、これを押さえて音程を調律してコントロールします。出る響きはそれぞれ古来から各地で一番好かれている音色。始めるには練習が必要になるでしょう。和楽器奏者は管の孔から尺八のように吹きます。実際に洋楽器とは違う独特の楽器です。大きな力強い音が強く出せます。

価格について

価格は数千円から数万円になります。

篠笛の歴史

篠笛は正確な起源が分かっていません。日本では横笛が古代の時代から使われていたことが分かっています。日本で使われている横笛は雅楽用の「竜笛」、能楽用の「能管」、そして、最も一般的に普及している「篠笛」に分けられます。篠笛は平安時代にはすでに広く使われていた笛で上流階級で使われてきた「龍笛」、「能管」と比較して、篠笛は庶民階級の間で愛好されていました。篠笛は日本で独自に考案されたものではなく、雅楽の横笛として中国大陸から伝わった笛が改良されたものです。篠笛は一般庶民に広く普及した笛で、お祭りの時に聞えてくる笛です。歌舞伎囃子や民謡など、歌や三味線に合わせて演奏する為、低い音階を持つ一本調子から高い音階を持つ笛まで多数の種類が生まれました。篠笛は、長唄をはじめ歌舞伎囃子、祭囃子などの民族芸能すべてにおいて用いられ、現在まで生き残っている楽器です。

篠笛の特徴

篠笛は竹笛とも言われています。大衆芸能などで使われる比較的簡素な作りの横笛で篠竹で作られています。篠笛は2オクターブ半ほどの音域をもち、伝統楽器では笛とか竹笛と呼ばれる楽器です。西洋楽器であるフルートと構造は似ています。演奏時はフルートやリコーダーのように音を区切るときにタンギングをするのではなくて、指の上げ下げで音を区切ります。 上半身の余分な力を抜いて、笛が水平になるように構えます。 篠笛の息の吹き方は、静かにスピーディーに息を吹き入れます。歌舞伎囃子や民謡など、歌や三味線に合わせて演奏する為低い音階を持つ一本調子から高い音階を持つタイプまで13種類の篠笛が存在します。

篠笛の曲

篠笛は日本の伝統音楽で使用されます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました