サロード : 民族楽器の特徴、価格、歴史について

Instrument

サロードはインドの伝統音楽楽器で、弦楽器です。ヒンドゥスターニー音楽で使用されています。 シタールと並んで最も人気があり、インドの代表的な楽器の1つです。深くて重い音色が出ることが特徴で、共鳴弦は、共鳴し、残響音がよく鳴ります。古典音楽の中では最も有名な楽器で、ペルシャ語では「美しい音」を意味する楽器です。この楽器は2000年前には存在していたと主張する学者もいます。

場所

インドでこの楽器は生まれました。

価格について

この楽器は数千円から数万円のものがあります。

サロードの歴史

サロードは古代のチトラビナ、中世のインドのラバブと現代のスラスリンガの組み合わせで生まれた楽器と言われています。サロードが約2000年前のグプタ王の時代の古代インドに存在した可能性があると主張する学者もいます。サロードはまた、中央アジアとアフガニスタンを起源とする同様の楽器であるアフガニスタンのルバーブの子孫であると考えられています。サロードという言葉は、ペルシア語で「美しい音」という意味から来ています。19世紀までに開発されたサロードは、サイズが小さく、音質も良くありませんでした。19世紀後半から20世紀初頭に流行したサロードは、9インチの腹を持ち、指板は短くて狭く、首は非常に太かったため、非常に演奏しにくかった楽器と言われています。弦の数が少なく、チューニングもしにくいと言われていました。20世紀には、サロードは大幅に改善され、現在のサロードの原型になったと言われています。

超速ネット次世代AI Wi-FiはJ:COM NET

サロードの特徴

サロードは北インドの代表的撥弦リュート属楽器。奏者は楽器を横に構えて、右手の腕で胴を押さえながら指に義甲を持って演奏します。左手指は音程をとるため、フレットのない指板上を自由に滑らせます。音域は3オクターブ以上あります。よくシタールと比較されますが、シタールとは違って、フレットがなく、鉄板の上を押さえて演奏すること、シタールよりも格段に大きな音が出ること、一般的にシタールよりも難しいとされます。サロードはシタールと比べて重厚で煌びやかな音色が魅力です。インドではシタールの次に有名なのがサロードです。インドのギターとも呼ばれ、ルバーブにもやや似た不思議な音色がします。

マンツーマンのボーカルスクール

サロードの曲

サロードはインドの古典音楽によく出てくる楽器です。さらにゲームや映画、テレビなどの作品に出てくることもあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました