【音楽と才能】才能がある人と才能がない人 特徴、生まれつきなのか?解説

General

音楽の世界では才能がある人と才能がない人というのがいますが特徴は生まれつきなのか?記事で解説します。自分に音楽の才能やセンスがあるかどうか、気になる人は多いでしょう。音楽の才能とはどのようにして磨かれていくのか、気になる人は多いでしょうが、意外と簡単なところにあるのです。遺伝的なものもありますが、実は他の職業と同様なのです。

才能がある人と才能がない人

才能がある人と才能がない人で差が出る理由はいったい何なのでしょうか。その理由は下記に集約されていると言っても過言ではありません。もし自分がこれから、才能のある人になりたいのであれば、下記の条件をクリアすればいいだけなのです。人によっては好きな曲を歌ってみても方法が悪いと印象も悪く、才能がないと思われます。ピアノの技術、能力など、努力をすれば身に付きますが、分野によってはリズムも上手につかまないといけないです。やることは多いですが大切なのは効果が出るまで続けることです。経験して成長すればライブなどで活躍できるようになります。

上達が速い

音楽は、練習すれば誰でも上手くなります。しかしスピードには個人差があります。上達が速ければ、「才能がある」「センスがある」と言われます。逆に、他人よりも遅いと才能がないという判断をする人も多いです。半年たっても、1年たっても上達しない人は才能がないと言われることが多いのです。しかし、最終的には上達速度はそれほど大きな問題にはなりません。なぜかというと、どんな人でも練習を5年、10年続ければうまくなります。つまり諦めずに続けられる人が才能のある人。途中でやめてしまう人が才能のない人なのです。

遺伝的な要因

遺伝的な要因は才能がある、才能がないに直結するようなとても重要な要素に見えます。実際のところ、音楽で活躍している人には、両親や親戚にも同じような人がいることが多いです。両親が音楽で活躍していると、活動を応援してもらえる可能性が上がります。しかし実際のところ、この要素というのは、それほど重要とは言えなかったりします。というのも遺伝的な要因だけで、音楽家になれるかというと、そうでもないからです。実際に音楽家になっている人は継続できる人です。辞めなければいくらでもチャンスはあります。

環境

生まれ持った環境も、才能を診断する基準の1つです。なぜなら、これによって音楽を始める年齢や、使える時間が大きく変わるからです。音楽に囲まれた環境で育つと、一般の人よりも有利なことは間違いありません。しかしこれも結局のところ、本人次第です。それはなぜかというと、本人が望めば、音楽に囲まれた環境で暮らしていくこともできるからです。本人が望めばいくらでも環境というのは変えることができます。歌を歌うことが好きならそのような環境に行くことも一つです。環境の影響を受けて思った以上に高い能力を身につけられます。

たくさん音楽を聞いている

音楽の才能がある人はたくさん音楽を聞いているという特徴を持っています。当たり前かもしれませんが、とにかく音楽に詳しいです。しかも特定のジャンルにこだわらず色々なジャンルの音楽を聞いています。たくさんの音楽を聴くことで、たくさんの引き出しを持てるようになり、多彩な表現をすることができるようになります。つまり、音楽をたくさん聴くことで素養が磨かれていくということです。

新しい勉強をしている

音楽は勉強が必要。時代に強い音楽ができると商業の世界でも需要が生まれます。モーツァルトなども深い専門の勉強を毎日していました。それぞれ感覚を刺激されることで思考ができるようになりさらなる機会を見つけるようになれます。学校などで勉強して人間としても成長していく方もいます。天才として成功する共通点のポイントはとにかく気持ちです。やる気さえあれば知識も伸ばすことになりうまくなります。生まれつきの才能ではありません。

結論

才能がある人と才能がない人では、結局のところ先天的な要素よりも本人のやる気次第であるということがわかるはずです。ほとんどの音楽家は音楽を毎日演奏したり、聴いたりしています。その積み上げがあるからプロになれるのです。そしてこのことは誰でもできることであって、特定の人だけにしかできないということでもないことがわかるでしょう。すべては本人次第ということになります。いかに時間を忘れて没頭することができるか?その情熱があるか、ないかで才能があるかどうかにつながってくるのです。音楽を心の底から楽しむことができる人は才能のある人になれるのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました