【音楽ジャンルと世界音楽市場】Singeliとは? アフリカタンザニア ダンスミュージック

General

アフリカのタンザニアという国を知っている人はそれほど多くないかもしれません。タンザニアはザンジバルという有名なリゾート地はあるものの、アフリカのトップレベルの先進国ではないからです。しかしこのタンザニアでは音楽革命が起こっています。新しいジャンルであるSingeliという音楽が爆発的な人気を誇っているのです。

Singeliとは?

Singeliとはタンザニアの東海岸を中心に生まれたダンスミュージックの派生版です。超高速最新型アフリカンダンスミュージックといわれており、テンポが速いことが特徴です。ダルエスサラームというタンザニアの経済の中心都市では、この音楽が人気になっています。このジャンルはエレクトロミュージックの音楽のテンポを上げて、さらに他のジャンルであるTaarabやbongo flava、mchirikuなどを混ぜたものが多いです。ダルエスサラームやタンザニアの他の地域のストリートで定着し、タンザニア人の66%以上がこの音楽を知っているというのです。2020年代に入り、アフリカの多くの地域で多くのアーティストが登場し、様々なイベントなどでも登場するようになりました。これからアフリカ全土にも流行すると言われている注目の音楽です。

Singeli

Taarab

Taarabはアフリカ沿岸部の音楽ジャンル。アラブやインドの音楽の要素がとても強く民族音楽の印象が強いものです。ところどころに土着楽器が登場するジャンルです。

Bongo flava

USヒップホップを軸にして、レゲエやR&Bなどを取り入れてアフリカ型のラップにした音楽。ところどころに土着楽器が登場するジャンルです。

Mdundiko

タンザニアの伝統的な儀式で、この伝統行事において登場する楽器を使用した音楽。東アフリカの伝統楽器が多数登場します。

Singeliの歴史

Singeliは恐らく2010年ごろにタンザニアのダルエスサラームで生まれた音楽と言われています。まず流行したのはストリートなどでこの音楽が流行するようになり、路上でパフォーマンスをするアーティストなどが生まれました。Singeliはその後、タンザニア東岸地域にも伝播し、さらにはタンザニア全土にも流行することになりました。Singeliはラジオやテレビなどでも流れるようになり、タンザニア人の結婚式やイベント、祝賀会などでもこのSingeliの音楽が使用されるようになっています。現在ではタンザニアの66%がこの音楽を知っており、2020年代に入ると、他のアフリカ地域にもこのジャンルが知られるようになっています。

有名アーティスト

シンゲリの発祥はアフリカ。bpmはややゆったりしておりリリースするレーベルはウガンダなどアフリカがメイン。MCなどが入り、バンドなども活躍しており、シーンは各国の首都の拠点でも話題になるほど。トラックのビートは癖があり、アルバムはフェスティバルなどでも最大に流行しております。アフリカ人の生活でも大きな存在で多くの部分を占めています。

Msaga sumu

Singeliを流行させたアフリカのアーティスト。Singeliのパイオニアと言われており、彼の楽曲はストリートなどで流れていましたが、次第に流行し、自由に踊って自由に歌うというスタイルが若者を中心に支持され、人気が広がっていきました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました