2023年 音楽ライブストリーミングの市場規模は?シェアの調査レポートと予測

General

2022年は音楽サブスクリプションがとても急激に進歩し、多くのユーザーを獲得したことで大きな利益を生み出しました。この傾向は近年ずっと続いているため、2023年も継続していくのではないかと思われています。2023年は引き続き、ストリーミングなどの市場の急伸とともにライブ市場が回復するかどうかにも注目が集まっています。

ストリーミング市場の拡大

音楽配信の世界市場の成長の概要はレポートを分析してみると2010年代後半から企業のコンテンツが急激に拡大しており、2023年~2033年の予測期間において年平均成長率15%で増加して推移すると言われています。ストリーミング市場は2022年には200億ドルの売上高を達成しました。音楽ストリーミングの利用者数は、2019年の約3億人から2021年には全世界で5億2500万人に急増しています。この理由の背景としては主に以下が挙げられます。主要な製品といえばyoutubeが挙げられます。機会があればオンラインでさまざまな消費者むけのデジタル戦略が大幅に促進され練られる時代になりました。

スマートフォンの普及

2000年代の初頭はそもそも、パソコンが一般家庭にまだ普及していない時代でした。しかし2000年代にスマートフォンが一般化され、一般家庭にも深く浸透し、今では生活必需品になりました。音楽ストリーミングサービスはスマホから簡単にアクセス可能で、すぐに利用が開始できることから、利用者が急増しているという事実があります。最近は北米やアジア太平洋地域全体で必要なメディアとなっている状況で視聴の需要は高まり、新たに顧客も増えている産業です。

ハードウェアの進歩

1900年代と2000年代を比べると、もはや違う星ではないかと思えるくらいに違う時代になっています。これはハードウェアの急激な進歩により、何もかもが便利になりました。大量の音楽ジャンルと大量の音楽楽曲を保有できるようになり、サービスとして提供できるようになってきたのです。毎分シームレスな音楽ストリーミング、手間のかからないアクセシビリティが可能になりユーザー側からとっても非常に便利なサービスを享受できています。

セキュリティの問題

今後抱える問題としては、アクセスが容易になることで、プライバシーの保護やセキュリティの問題が起こるでしょう。個人の情報が抜かれてしまう可能性があるので、これをサービスの提供側がどのようにして改善していけるのかがカギになります。しかし現状、サービス提供側に大きな問題は起こっていません。調査をすると視聴者のリアルタイムでのLiveや配信の需要が拡大しており活用されトレンドになっているのでインターネットで購入する方は予想ではどんどん増えると市場調査では予測されています。

生活環境の変化

ハードウェアの急速な進歩により、人々が求めるニーズも変わってきました。人々が音楽ビデオやポッドキャストを閲覧し、ビデオをストリームすることができるプラットフォームのキュレーションに重点を置くようになっていきているのです。これはまさにストリーミングサービスが適切ということになります。人気が出る要因が揃っているのです。

ライブ市場

2019年の中国が世界に迷惑をかけたウィルス流行によって、ライブ市場はかなり大打撃を受けています。音楽ライブやステージなどの8割が消失したとも言われていますが、まだライブ市場は完全回復には至っていません。どこのライブ会場も集客に苦しんでいるのが実態で2023年にどこまで市場が回復するのか、注目が集まっています。ソーシャルゲームやブログ、SNSなどタイプ別に消費する媒体が大規模に増えており人口増加と相まって注目されています。モバイルアプリケーションなどの導入および動画でのライブなどのカテゴリでエンターテイメントの環境で競争が激化するでしょう。目的や用途にもよりますがグローバルネットワークがどんどん拡大しています。

人数制限

ライブ市場を困らせているのが感染防止策の一つとして挙げられる人数制限の長期化です。集客人数が多い会場でも人数制限がかかってしまうことによって、それ程の利益が挙げられていないという実態があります。音楽ライブの場合は数万規模の集客が期待できるコンサートも多いため、この人数制限はなかなか利益を上げられない一因になっています。

新薬開発への期待

ライブのような物理的に楽しむビジネスの場合は、病気自体を治せる新薬が出てこないとなかなか、市場回復には程遠いと言えるでしょう。ワクチンは出てきているものの、まだ副作用の発生率が高いため、もう少し時間がかかるでしょう。そして新薬開発も大きなカギになります。仮に発症しても、治せるのであれば、それ程脅威ではなくなります。製薬業界の頑張りがライブ市場回復のカギを握っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました