【音楽ジャンルと世界音楽市場】Chicago Drillとは? Hiohopの派生

General

Chicago Drillはここ10年ほどでアメリカのシカゴで盛り上がったヒップホップのサブジャンルとされています。このジャンルはまだメジャーで世界的に流行しているジャンルとは言えませんが、アメリカを中心に話題になっている音楽です。2012年頃にアメリカで流行しており、地元ファンにとても受け入れられた音楽の一つです。

Chicago Drillとは?

Chicago Drillとは2012年ごろにアメリカのシカゴで生まれたヒップホップのサブジャンルの一つ。サウンドの傾向としてはトラップ系の音楽と言えるでしょう。有名なアーティストにはChief Keef, Lil Durk, Lil Reese, Fredo Santana, Young Chop, G Herbo, Lil Bibby, King Louieなどがいます。Chicago Drillの歌詞はギャングのストリート生活を描写したものが多く、少し暴力的なものもあります。このジャンルに限らず、Drill Musicは元々Dead Musicと呼ばれていたそうです。彼等の生まれ育った地域では殺人や強盗が当たり前のように起き、その事についてラップしていたからです。Chicago Drillは、シカゴ南部の現役ギャング構成員たちがもともとやっていたものが、一般化されたと言われています。そのため、貧困街で育ったという背景があるので、その影響が音楽に大きく現れているのです。このジャンルはまだ新しいジャンルであることから、志望する人も若手が多く、10代や20代のラッパーが多いです。

Chicago Drill

Chicago Drillの歴史

Chicago Drillはまだ10年足らずの短い歴史です。もともとシカゴの南部地域におけるギャングたちが開発した音楽。Drillとは戦う、報復するを意味しておりギャング街の用語でもあります。2012年後半になると、メジャーアーティストたちがこのジャンルを取り扱うことで一気に有名になっていきました。Kanye Westは2013年のアルバム YeezusではChicago Drillの影響を強く受けていると答えています。しかしその後、Chicago Drillは思ったほどの売り上げを上げられず、レコード会社も次第に冷たい視線でこのジャンルを見るようになってしまいました。レコードレーベルはドリルへの関心を失い、このジャンルは衰退していったのです。しかしその一方で、このジャンルから影響を受けたのがイギリスでした。イギリスではUK drillという派生ジャンルが生まれ、現在ロンドンを中心にとてもヒットしているのです。UK drillはシカゴのものをさらに進化させ、イギリス独自の文化に適応していきました。

批判されるDrill

Drillのジャンルは基本的にストリートにおけるギャングの暴力や犯罪を歌詞にして歌っているので、まるで犯罪を助長させるような音楽に聞こえてしまい多くの批判も呼んでいます。イギリスでは警察などが常にこのジャンルを監視しており、ロンドンではリリースが撤回された曲もあると言います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました