【音楽ジャンルと世界音楽市場】ファンクミュージックはなぜ衰退したのか? ブラックミュージックの歴史

General

ファンクミュージックは1960年代から70年あたりにかけて流行した黒人音楽でアメリカを中心にかなり流行した音楽ジャンルの一つです。このジャンルはソウルやジャズ、ロックなどの影響を強く受けた音楽でしたが、1900年代後半にとても流行したにもかかわらず、それ以降は振るわずに衰退していったという歴史を持っています。

ファンクミュージックとは?

ファンクミュージックは1960年代から1970年代にかけて流行した黒人音楽。 主な特徴として同じリズムの繰り返しがあり16ビートをベースにしています。ファンクミュージックにおいては高揚感やグルーヴ感を重視する傾向にあります。もともとこのジャンルは黒人音楽とされていたのですが、サンフランシスコにおいて、白人黒人混成バンドであるスライ&ザ・ファミリー・ストーンがロックの要素をファンクに取り入れたことで白人にも広がりました。人気は1980年代も続きますが、それ以降は新ジャンルの台頭とともに存在感が薄れていきました。またこれとは別にファンクロックというジャンルもあったりします。ファンクとロックを融合させた音楽で黒人が演奏した場合は、ブラック・ロックとも呼ばれています。このジャンルは1990年代まで活動しているアーティストが多数いました。

funk music

歴史

ファンクミュージックは1960年代の初頭に生まれた音楽です。ジェームス・ブラウンが「アウト・オブ・サイト」を発表した後、ブルース・ミュージシャンがいち早く反応し、融合させたジャンルである、ファンク・ブルースというジャンルが生まれました。ジェームス・ブラウンはファンク・ミュージックを大衆に広めた一番の功労者であり、彼のおかげで、ファンクというジャンルがアメリカで広く伝播することになりました。1960年代後半までに、ファンクはアメリカ全土に流通し、ライブハウスなどでも広く演奏されるジャンルになりました。

1970年代になると、さらにファンクは盛り上がりを見せることになりました。サンフランシスコにおいて、スライ&ザ・ファミリー・ストーンの手にかかったファンクはThank You (Falettinme Be Mice Elf Agin)」で絶頂を極めたのです。スライ&ザ・ファミリー・ストーンは人種・性別混合編成のバンドで、白人と黒人の混成バンドであることから、白人にもファンクミュージックを流行させることができました。ファンクの人気は1980年代も続きますが、他のジャンルの台頭により徐々に衰退することになります。

衰退

ファンクミュージックの衰退の原因は他のジャンルが台頭してきたことです。ニュージャックスイングやヒップホップ、グラウンドビートが出てきて、電子音楽というジャンルが強くなりました。テクノ、ハウスといったインパクトの強いジャンルが世界的にも流行し、欧米圏は電子音楽ブームが起こりました。これにより、ファンクミュージックは徐々に存在感を失くしていき、2000年代になると、ほぼヒットチャートにもでてこなくなったのです。しかし2010年代に入って、マーク・ロンソンやブルーノ・マーズなどが出てきたことにより、一時は注目を浴びましたが、いまはヒップホップやラップの圧倒的な時代を迎えています。

有名アーティスト

Bruno Mars

最も多くのグラミー賞を獲得したアーティスト。一晩で最も多くのグラミー賞を獲得したアーティストでもあり、世界中の音楽ファンが知っている存在でしょう。彼もファンクの要素が強い曲を多数歌っており、一時はファンクブームの回帰がおこりました。

Mark Ronson

イギリスのシンガーソングライター。彼は不動産企業家の息子として裕福な家庭に生まれ、ポップスやファンクなどのジャンルに長けたアーティストでした。Bruno Marsとコラボレーションもしており、ファンク音楽の流行に貢献したアーティストの一人です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました