ドラムセットメーカー ヤマハアコースティックドラムの特徴、価格、楽器の歴史について

Instrument

ヤマハのドラムセットアコースティックドラムは日本の総合楽器メーカーであるYAMAHAの主力商品の一つで紹介します。ドラムのデビューは、1966年のD22シリーズで、その後、多数のドラムを開発し販売しています。プロミュージシャンからアマチュアまで多数のドラムプレイヤーに支持されています。現在ドラムセット販売が始まってから数十年経っており、ANNIVERSARYドラムセットの発売もしています。日本では広く流通しているドラムです。

場所

日本でこの楽器は生まれました。ドラマーは動画などで製品の情報を見ながら購入を検討できます。ベースのハードウェアやサウンドなどから判断できます。パーカッション、バスドラム、メイプル、ペダル、アンプなどSNSでも幅広い情報が多数拡散されています。もちろんスタジオでも練習で使えるオーディオのネットワーク機器やピアノなど店舗では何でもうっています。イベントを控えるバンドにもおすすめのメーカーです。

価格について

価格は10万円くらいから100万円くらいのものがあります。アーティストはカタログを見ながら中古から新品まで電子からアコースティックまで選べます。ドラムセットはカスタムのステージにも対応しておりおすすめです。

開発会社

YAMAHA CORPORATION

創業者

Torakusu Yamaha 1851年5月20日 – 1916年8月8日

山葉 寅楠は紀州藩の下級武士だった山葉孝之助の三男として生まれました。父が紀州藩で天文係を務めていたこともあり、幼少の頃から機械いじりが得意でした。剣術の修業をしていたものの職人の道を歩むこととなりました。1871年に長崎に出て英国人のもとで時計の修繕法を学び医療器具店に勤め医療器具の修理工として勤務。1887年に浜松尋常小学校のオルガンの修理を手がけたことからその構造を学び、1888年に日本最初の本格的オルガンの製造に成功しました。1889年に合資会社山葉風琴製造所を設立。この会社は解散してしまいましたが、1897年10月12日に資本金10万円で日本楽器製造株式会社を設立しました。1916年8月8日、死去。

歴史

山葉 寅楠は1897年に日本楽器製造株式会社を設立しました。1916年の寅楠の死後は2代目社長に天野千代丸が就任し、1921年に帝国陸軍の要請により、軍用航空機の木製プロペラの製造を、1931年に金属製プロペラの製造を開始しました。第2次世界大戦後は経営を多角化していきます。1954年、ヤマハ銀座ビルで実験的な音楽教室を開始。1966年に財団法人ヤマハ音楽振興会を発足し、1967年に第1回全日本LMC)、1969年11月に第1回作曲コンクールを開催するようになり、ただの販売メーカーではなくなりました。1955年に二輪車部門を独立しヤマハ発動機株式会社を設立。初のスポーツ用品であるアーチェリーは1959年に開発。アーチェリーの素材であるFRPの開発が、1961年のスキー板、住宅用浴槽の発売につながりました。さらに1975年に高級家具の製造を開始。創業90周年を迎えた1987年に山葉寅楠のオルガン修理から100周年を記念し、社名を日本楽器製造株式会社から商標で知名度が高いヤマハ株式会社へ変更しました。

ヤマハドラムのデビューは、1966年のD22。1969年にYD22シリーズが出て、YD+数字という名称になりました。1985年にYD9000Rがレコーディングカスタムという名称に変更しています。

YAMAHAドラムの特徴

YAMAHAドラムはバーチを用いたシェルを主力商品としていて、硬質で伸びがいいドラムを製作してきました。細部まで丁寧に作られており、日本人らしさのある神経質で繊細なつくりこみが特徴で、これは世界から一定の評価を受けています。タムにフローティング・マウント方式というタムを固定せず浮かせて搭載していますが、YAMAHAだけはシェルの特定の位置にホルダーを二点留めし、タムを揺らしながら固定することで同様の効果を得ました。フープについても、他社の多くは亜鉛ダイキャスト製を採用していたのですが、ヤマハはアルミ・ダイキャストや木製のフープを開発しています。

YAMAHAドラムモデル

PHX

Recording Custom

Absolute Hybrid Maple

Stage Custom Birch

TOUR CUSTOM

Live Custom Hybrid Oak

50th Anniversary Drum Set

コメント

タイトルとURLをコピーしました