【バイオリン】寿命はいつ : 弦楽器

Instrument

バイオリンはソロ、アンサンブルと多岐にわたって活躍できる楽器で、使用されているジャンルもクラシックを筆頭にポップスや映画音楽など、様々です。バイオリンという楽器を知らない人は世界中探してもほとんどいないでしょう。バイオリンのプロ奏者は世界中におり、商業音楽の世界でも重要視されている楽器です。そんなバイオリンですが、一体いつまで使用し続けられるのでしょうか。

製品リスト

バイオリンは初心者でも教室で弾き、上達できます。先生と練習する際は購入が必要です。以下のリンクで一覧で紹介していますので参考にしてみましょう。選ぶ際は実際に使うことで判断がおすすめ。不安なら相談するケースもあるでしょう。

Violin Product List

バイオリンとは

バイオリンは弦楽器の一種。バイオリン属の高音楽器であり、全長60cmほどの楽器です。4本の弦を張って弓で擦ることで音が出ます。バイオリン属楽器の中では一番小型の楽器で、楽器は肩に載せて演奏をします。基本的には4弦ですが、現代では改良版も出ており、5弦や6弦のバイオリンが存在します。子供向けの小さなヴァイオリンも作られており、3/4、1/2、1/4、1/8、1/16、1/32 などがあります。一般的なものは4/4です。分数楽器に合わせた弓や弦、駒も市販されています。バイオリンはギターのようなフレットがないので、開放弦以外では演奏者が正確な音程になるように押さえる必要があります。最初はわかりにくいため、少し高度な楽器かもしれません。

寿命

一般的に楽器の寿命はピアノで100年、ギターでも50-100年とも言われています。しかしバイオリンの場合はとても長生きできます。バイオリンは大切に扱えば300~400年、優れたものだと1000年以上持つものがあります。これはあくまでバイオリンをこまめに管理するという前提のもとで成り立ちます。粗末に扱ったり、メンテナンスを怠ったりすれば当然短命で終わる運命にあります。バイオリンはまさに不老長寿の楽器なのです。実証している例もあります。ストラディヴァリやその時代の名器は300年経った現在でも弦楽器の最高峰として認められています。とはいえ、安価な製品や初期不良の商品であればそれほど長持ちはしないでしょう。

拭く

バイオリンの日常的なお手入れは、拭くことが基本になります。 クロスやガーゼを使いましょう。 指板、ネック、あご当てなどは手垢や汗で汚れやすくなります。全体をきれいに拭き取って汚れを落としておく必要があります。

保管

バイオリンは保管状態によっては短命で終わります。楽器の上に重いものを常においていたり、極端に湿度の低い場所や高温の場所に置いていると、楽器に影響が出てくるので気を付ける必要があります。

バイオリンは弓の毛で鳴らす楽器ですが、毛替えが必要になります。普通は半年~1年以内に取り換えが必要です。人によってはライブ前に取り換える人もいます。好みはありますが、そこそこの頻度で交換が必要になります。

バイオリンの絃も消耗品になります。日々劣化していますので3か月~半年以内には弦の高官は必要です。音量が小さくなったり音色が変わったりしたら交換の合図です。

温度調整

バイオリンは温度にも敏感です。高温になると接着に使われているニカワが溶けてしまう可能性があるのです。多湿になると表板と裏板が膨張して厚みが変化してしまいます。乾燥すると指板が外れたりすることがあります。そのため、適切な環境で管理する必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました