エレキギター : Jackson Guitarsの特徴、価格、歴史について

Instrument

Jackson Guitarsはアメリカの楽器メーカーで、グローヴァー・ジャクソンによって創設されました。ハードロック/ヘヴィメタル志向のギターで知られるブランドでフェンダーとギブソンが席巻していた当時のエレキギター市場に独自の方向性を打ち出し参入したことで、評価されるようになったメーカーです。その後、ジャズなどの分野でも使われるようになり、現在では世界的に有名なメーカーとなりました。

場所

アメリカでこの楽器は生まれました。seriesはとても好評でピックアップで特集も良くされています。ギターだけでなく、ベースなども出ております。アーティストはジャンルがメタルやロックなどでプレイできる高い性能が搭載されています。トレモロやスライドなど簡単にできます。ソロイストのアーティストはギターの見た目、パワーなど装備や構成に拘って選べます。比較すると中古や日本製も人気です。

価格について

価格は数万円から数十万円のものもあります。価格はチューニングのしやすさ、ブリッジ、ナット、ハムバッカー、シェイプ、フレット、サウンドのトーンなど商品の仕様によっても異なります。カラーもblack(ブラック)などがありますので選べます。ルックスも新しいものが登場しておりスペックはさまざま。エフェクター、ギターアンプなどもセットで売られています。機材を探す際はネットがおすすめ。トップレビューをみてもスケールの高い仕上げでジャンルもすべてに対応しています。

開発会社

Jackson Guitars

創業者

Glover Jackson

1978年11月にテネシー州出身のグローバー・ジャクソンは、ウェイン・シャーベルからシャーベル社を買い取り、リペアを中心としたギター工房をスタートさせます。グローバーが製作したシャーベル・ギターは1979年に開催されたサマーNAMMに初めて展示され、LAのサンセットストリップ界隈を賑やかし始めていたバンドのギタリスト達に注目されるようになります。

歴史

シャーベル社のクラフトマンだったグローヴァー・ジャクソンがランディ・ローズ本人のアイデアを元にカスタムギターを制作していました。1978年11月にグローバー・ジャクソンは、ウェイン・シャーベルからシャーベル社を買い取り、リペアを中心としたギター工房をスタートさせます。ギターに盛り込まれた特徴が1980年代当時のLAメタルの隆盛等を背景にアメリカを中心にブレイク。1980年代から1990年代にはジェフ・ベックやロビン・クロスビー、デイヴ・ムステイン、マーティー・フリードマン、アミア・デラク、スコット・イアン、ダグ・アルドリッチ等、数多くのギタリストに愛用され世界的に認知されました。現在でも数多くのハードロック/ヘヴィメタル系のギタリストを中心に愛用され続けており、特にデフ・レパードのフィル・コリン、アイアン・メイデンのエイドリアン・スミス、メガデス のデイヴィッド・エレフソン等の多くのベテランギタリスト・ベーシストにはかなり長年に渡り愛用されています。

Jackson Guitarsの特徴

Jackson Guitarsは独自のギターを製造し参入、品質と性能が高く評価されたことに加えて空前のヘヴィメタルブームも手伝って大ヒットしました。コンコルド・ヘッドはななめに突き刺さるような独特の形状ですが、ギブソンでもフェンダーでもない明らかな個性があり、かつシンプルにまとまっている大変優秀なデザインです。コニカル・フィンガーボードも大きな特徴です。さらにスカーフジョイントもこのメーカーの大きな特徴であり、スカーフジョイントで作られたヘッドは剛性が高く、折れてしまうことがほとんどありません。さらにB.C リッチ社が開発したスルーネック構造も採用しています。ネックとボディが一体化されることから振動伝達の効率が良くなり、びやかなサスティーンを実現させています。

Jackson Guitarsのモデル

Rhoads

King V

Soloist

Dinky

コメント

タイトルとURLをコピーしました