スポンサーリンク

グレート・ハイランド・バグパイプ : 民族楽器の特徴、価格、歴史について

Instrument

グレート・ハイランド・バグパイプはスコットランド発祥のバグパイプです。一般的なバグパイプの構造を備え、留気袋への送気は息を吹き込んで音を出します。スコットランドの多くはこのパイプが使われており、とても有名な楽器でもあります。1000年以上も前から演奏されていたと言われている、とても歴史の長い楽器でもあります。19世紀には50年間にわたって演奏が禁止された時代もありました。現在は、世界各地にパイプ・バンドがあります。

スポンサーリンク

場所

highland great bagpipeはスコットランドでこの楽器は生まれました。奏者は操作は空気を送って笛のように吹くことで鳴らします。管を通して音を出します。世界で用いられています。旋律はフランス、スペインやアイルランドの文化を連想させます。ハイランドの練習はほかより大変です。ずっと同時に複数の音を鳴らします。

価格について

バグパイプは数万円から数十万円のものもあります。以下の記事でオンラインショップを紹介していますので購入しましょう。

グレート・ハイランド・バグパイプの歴史

グレート・ハイランド・バグパイプはスコットランドで最も広く演奏されるバグパイプです。1000年以上も前から演奏されていたと言われている、とても独特な構造を 持つ楽器です。バグパイプの発祥はまだ正確な回答は出ておらず、はっきりしておりません。「有力説」としては古代ローマからスコットランドに伝播したのではないかと言われています。エジプトのパイプがスコットランドで吹いているバグパイプとかなり形状が似ていることから、中東から伝播したのではないかとも言われています。スコットランドでは18世紀中頃から約50年間に亘り演奏が禁止されていました。これは当時、スコットランドがイギリスの支配下にあり、グレート・ハイランド・バグパイプがスコットランド人の民族意識を高揚させてしまうことを恐れたことから、イギリスは使用を禁止したのです。18世紀まで技巧を駆使した変奏曲が、戦意高揚と祭礼のために独奏されましたが、その後はスコットランドでは数多くの演奏者やパイプバンドが存在し、祭礼をはじめとする様々な機会に演奏されます。さらにスコットランド移民の多いアメリカ合衆国、カナダ、ニュージーランド、オーストラリアにも伝播し、広く伝わっている楽器です。世界中に愛好者が存在し、スコットランド系でない人々にも人気があります。

グレート・ハイランド・バグパイプの特徴

グレート・ハイランド・バグパイプは動物の皮で作った袋に、空気を吹き入れるパイプと、音を奏でるパイプを取り付けた楽器です。音を奏でるパイプは4本あり、メロディーを奏でるために指穴が開いたチャンター と呼ばれるパイプと、常に同じ音を出し続けて伴奏するドローンパイプが3本あります。一時的にバッグに空気を溜めるため、息継ぎに関係なく演奏中は全く音が途切れないのがバグパイプの音色の最大の特徴です。リードには常に最大限の空気圧を掛けて鳴らす必要があるので、音量の強弱コントロールは出来ず、楽器は常にフォルテッシモで鳴り続けます。このパイプはとても音量が大きいことから、集合住宅では絶対に演奏できません。とても音が大きい楽器なので、野外で演奏するようにしましょう。音域は1オクターブ+1音出すことができます。

グレート・ハイランド・バグパイプの曲

グレート・ハイランド・バグパイプはスコットランドの伝統音楽で使われることが多いです。また、テレビやドラマ、映画などでも使われることがある楽器です。

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました