【歌手 作曲家 作詞家】オーディション詐欺商法の手口

Audition

歌手やモデルのオーディション詐欺商法というものを知っていますか?手口がかなり巧妙で音楽業界はプロを目指すひとがたくさんいますが、門戸はとても狭く、プロになれるのはほんの一握りです。そのため供給過多で需要が一切追いついていない職業であることから、とても厳しい世界であることが知られています。しかし、この点を利用して、志望者からお金を騙し取る詐欺師が世界中にいるのです。自分の大事なお金を騙し取られないようにしましょう。

オーディション詐欺とは

オーディション詐欺とはプロの音楽家になりたい人を騙してお金を取る行為です。夢を食い物にするとても悪質な詐欺で犯罪にあたります。実際に色々な国では悪徳事務所がかなり紛れ込んでいてオーディション商法と呼ばれる犯罪行為が広がっています。オーディション商法とは、オーディションに呼び出した応募者に対して、突然金銭を要求するのです。オーディション商法の問題点として、「費用が必要なことを事前に伝えない」ということがあります。募集の際は、費用が必要なことを隠し、実際にオーディションを受けたときに多額の金銭を要求するのです。では実際にどのような詐欺があるのかを紹介します。

宣伝費用

プロの音楽家になると、音楽家自体を宣伝媒体を使って広告を出さなければなりません。詐欺師は広告、宣伝費が必要であることを志望者に伝え、お金を請求してきます。自分自身を宣伝してもらわなければ、そもそも自分を売り出すことはできません。それを逆手にとって騙してくるのが詐欺師です。インディーズレーベルであれば自分で宣伝する必要がありますが、メジャーレーベルであれば会社が負担することが普通です。

楽曲リリース費用

プロの音楽家になると、楽曲を発売する必要があります。そのときの楽曲製作費などを志望者に請求してきます。楽曲を販売できなければ、自分が困ってしまうのでそこに付け入り、金銭を要求する詐欺手法です。インディーズレーベルであれば自分で製作し出費する必要がありますが、メジャーレーベルで契約であれば会社が負担することが普通です。詐欺の話しの場合、デビューで提供される内容で前にお金の負担を強いるケースは多いです。まとめてサポートと結果として引き換えに要求してくるのです。

マネージメント費用

今プロのミュージシャンはブッキングエージェントやマネージャーが付くのが普通です。そこで詐欺師はマネージメント費用という名目でお金を請求してきます。しかし普通のところはマネージメント費用は自社の負担になります。芸能界やモデルの世界では動画や写真の撮影や入学などで金を請求してきている時点で詐欺であることに気づいてください。アーティストは無料で受けることで活動するのが普通です。絶対かけはなれた提案は危険です。高い金額を契約で掲載してきたらNG。希望しても年齢とわず有名になれることはありません。

登録料

詐欺師はレコード会社へ所属させる見返りでお金を要求したり、合格者が事務所に所属させる見返りの方法としてお金をずっと要求してきます。このような例は100%詐欺であることは間違いありません。そのため、このような請求をしてきた場合は必ず辞退してください。こんな支払いがある時点ですぐに判断をしましょう。本来は事務所から応援してもらうのが普通です。少し配信やyoutubeなどの集客を仕事でするにしても会社が負担するのが当たり前。芸能人やバンドでもこのような費用の負担強制はおかしいです。

レッスン料

詐欺師は先生との制作や歌のレッスンで育成費という名目でお金を大きく騙し取ってきます。しかし本当のメジャーレーベルであり、事務所であれば、そのような請求はまずしません。そのため、見極めるにはこのような請求をしてきた場合は必ず辞退してください。ライブでも音楽活動でも芸能事務所ではそんなことはしません。知識が身につけば対策も練られるようになります。スカウトの担当は才能があれば本当に要求することはありません。出来るアイドルは金のなる木です。ジャンルとわず、CDのレコーディングでも商品の販売でも契約書にしっかり内容を記載しています。

レコード会社や事務所の見解

レコード会社や音楽事務所は基本的にお金を取るということはしません。例外があるとすれば、作詞家や作曲家の場合で、音楽著作権団体への登録で少額の出費が必要になることがあります。これは実際に印税を受け取るために必要な手段になりますので詐欺には当たりません。そしてレコード会社や音楽事務所では、ホームページなどでも明記している通り、お金を請求することは100%ありません。

詐欺師の手口

詐欺師はオーディション参加者に対して、応募者を選ばれた人間かのように扱います。「あなたはプロデューサーが推薦したから、選ばれた」「10000人の応募があって合格したのはあなただけ」という言葉で相手の気持ちを高揚させ、冷静さを奪うのです。実際には、応募者の全員が合格しています。そして誰でもいいからお金を騙し取ってあとは逃げるだけなのです。

怪しいレコード会社や音楽事務所の特徴

下記のような点に該当した事務所やレコード会社の広告を見たら警戒してください。解決策としてオーディション辞退を検討してください。ミュージックの業界では詐欺の商法が多いです。表記がない、説明がないなどはその後、最後トンズラします。被害に遭わず安全、安心のためにも新人は始めるさいには無理なく身をしっかり守りましょう。

  • ホームページのない会社
  • 実績のない会社
  • 会社情報が一切ない会社
  • 移転を繰り返している会社

実力を身につけるには?

実力を身につけるには?スクールなどで養成することをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました