【音楽ジャンル】Grimeとは? ヒップホップ、ハウスミュージック、クラブミュージック

General

Grimeはイギリス発祥のダンスミュージックにおける新ジャンルです。このジャンルはヒップホップ、ハウスミュージック、クラブミュージックなどを融合した音楽で、イギリスでとても人気があります。2000年代にこのジャンルはヨーロッパで広く浸透しており、若者を中心に一大ジャンルの一つとなっています。グローバルチャート上位に複数のアーティストが顔を並べるなどグローバルな人気を得ています。

Grimeとは?

Grimeとは2000年代初頭にロンドンで生まれたエレクトロミュージックとヒップホップが融合した音楽ジャンルです。このスタイルは、140 ビートの高速でシンコペーションされたブレイクビーツが特徴で電子音を特徴とします。Grimeは、その誕生や発展の経緯からハウスミュージックの一派として解釈されてます。しかしGrimeの特徴としては、多数のジャンルとの融合が挙げられます。GrimeはUKガラージに限らず、エレクトロ、ラップ、ヒップホップ、ハウスミュージックの融合とされています。世界的にヒップホップが流行しており、それに伴ってこのジャンルも同時にとても有名になり、グローバルの音楽市場でも売れ行きが好調です。2000年代半ばに Dizzee Rascal、Kano、Lethal Bizzle、Wiley などのアーティストを通じて一気に有名になっています。2010年代半ばになると、北米にも伝播し、カナダなどでは人気を博しています。

Grime music

Grimeの歴史

Grimeは2000年代の初頭にイギリスで生まれた音楽です。イギリスでは1990年代にUKガラージの人気が始まり、GrimeもこのUKガラージのサウンドの影響をかなり受けています。2000年代に入ると、アメリカを筆頭にヒップホップが流行し、このジャンルにも注目が浴びるようになりました。イギリスでは2000年代初頭からGrimeのジャンルに該当する曲が多数リリースされるようになりました。2004年にはLethal Bizzle’sの曲Pow!で全英シングルチャートトップ20を獲得しました。この曲は、クラブでの喧嘩を想起させるものでまるで犯罪を助長するような印象を与え物議を醸し、批判を浴びました。多くの会場でこの曲の演奏が禁止され社会的にも問題になりました。多くのクラブがロンドン警視庁から調査を受けるようになり、警察に目を付けられる音楽ジャンルになりました。このようにこのジャンルは徐々に勢いを失くしていきます。

衰退

2010年代になるとGrimeは衰退し始めます。警察にも目を付けられたことからGrimeの露出とプロモーションに制限がかかり、徐々に衰退していきます。さらに衰退が決定的になったのはダブステップとUKファンキーの台頭です。多くのミュージシャンはGrimeから離れていき、商業的なエレクトロハウスの影響を受けたラップに移行し始めたのです。

グローバル音楽産業に浸透

その一方で、グローバルに浸透したジャンルがGrimeでもあります。Grimeの最大の流行国は発祥の地イギリスですが、アメリカやカナダ、フランスなどにもGrimeは浸透しています。2010年以降はGrimeとHiphopの距離は狭まり、両ジャンルのそれぞれのアーティストが同一の楽曲で共演するケースもみられるようになっています。よくありがちなイギリスのGrimeアーティストとアメリカのラッパーが共演するというパターンです。Grimeは一時期の勢いはなくなっている印象はありますが、まだまだ続きそうなジャンルではあります。

Grimeの著名なアーティスト

spank rock

フィラデルフィア出身のヒップホップ・グループ。アンダーグラウンド系のヒップホップ・シーンからの影響が色濃いスタイルでエレクトロ・トラックを全面に出しています。

Dizzee Rascal

ロンドン出身のヒップホップMC、プロデューサー。ヒット作をリリースして着実に人気を高め、UKを代表するヒップホップ・アーティストとしての地位を確立したアーティスト。

Stormzy

イギリスのラッパー、シンガー、ソングライターです。2010年代彼は古典的なGrime Musicでイギリスのアンダーグラウンドミュージックシーンで注目を集めました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました