スポンサーリンク

【音楽ジャンル】エレクトロニカとは? 歴史と特徴 電子音楽

General

エレクトロニカは電子音楽の包括的な呼び名とされています。電子音楽や電子音楽に影響されている音楽ジャンル全般を指していると言われていますが、そうなると、現代音楽のほとんどを指してしまうことにもなります。そこで、エレクトロニカにはどのようなジャンルが含まれるのか、そしてどのような歴史があるのかを記事にしています。

スポンサーリンク

エレクトロニカとは?

エレクトロニカとは電子音楽や電子音楽に影響されている音楽ジャンル全般。商業音楽や即興音楽などに幅広い影響を与えた音楽で、2000年代にとても流行しているジャンルの一つ。必ずしもダンスミュージックだけを指すというものでもありません。2000年代以降になるとエレクトロニカは打ち込みを部分的に使用した楽曲が増えてきています。人気アーティストなどもこのテイストを盛り込んでおり、かなり広く認知されています。エレクトロニカはソフトウェアとハードウェアの発達によって、より緻密で複雑な音楽が作成できるようになり、若者の人気ジャンルの一つです。広義の意味で使われることが多いため、非常に幅広く使われている用語でもあります。では実際にどのようなジャンルが該当するのでしょうか。

electronica music

Club Music

打ち込みを部分的に使用したクラブミュージックはよくエレクトロニカミュージックと言われることが多いです。クラブミュージックといは行っても、ディスコなどのジャンルが当たりますが、電子音楽を使ったものはエレクトロニカと呼ばれることが多いです。テクノなエレクトロの音でバンド系のDJもいます。有名なボーカルも多く、アルバムも多数出ています。ハウスレーベルなどもあります。

Hip Hop Electronic Music

意外と思われるかもしれませんが、ヒップホップ系もエレクトロニカに分類されることがあります。エレクトロニカとヒップホップの融合した音楽も多数出ており、これらのジャンルが含まれることも多くあります。

Dance Music

ダンスミュージックのほとんどは打ち込み音楽と言われており、エレクトロニカに分類されます。エレクトロニカはソフトウェアとハードウェアの発達によって、緻密で複雑な音楽が作成できるようになり、さらなる発展が期待されています。基本の音色はテクノポップ、アンビエント、トランスなどに近いのでこれらのファンが多いです。ダンスのほかにロックのリズムなどが作品で見られることもあります。

歴史

エレクトロニカという言葉は1900年代の後半に生まれた言葉と言われています。恐らく1990年代のイギリスやドイツなどでこのジャンルがクラブなどで流されるようになり、クラブミュージック=エレクトロニカという認識が広がりました。1990年代の中ごろ音楽雑誌が使い始め、一般層にも認知されました。しかし当時はまだケミカルブレイクやビッグ・ビートと言った表現をする人が多く居ました。1990年代のエレクトロニカは生楽器を取り入れたスタイルが多くあり、アーティストでいうと、アメリカのTelefon Tel Avivなどが挙げられます。これらはフォークエレクトロニカとも呼ばれていました。

2000年代に入ると、本格的に流行するようになります。これは電子音楽というジャンルがハードウェアとソフトウェアの革新によって、より精密な音楽を打ち込みで作れるようになったことから、多数のクリエイターが生まれていったのです。そのため、全面的に電子音楽だけのサウンドが流行するようになり、それは今も続いています。マドンナやビョーク、ダフトパンクなどがこれらの音楽テイストを取り入れています。現役で活躍する多くのミュージシャンは大衆向けジャンルの音楽でも、エレクトロニカの要素を取り入れているのです。

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました