【音楽ジャンルと世界音楽市場】アンビエントミュージックとは? ニューエイジ、癒し

General

アンビエントミュージックというジャンルは極めてマイナーで流行することはなかったジャンルです。しかしヒーリングミュージックが流行した2000年代初頭において、このジャンルは人間に対して癒し効果があることが分かり、企業の職場などでも流されていることが多い音楽の一つです。うつ病の予防や不眠症の解決にもなると言われています。

アンビエントミュージックとは?

アンビエントミュージックは曲らしさが一切ありません。そもそもコード進行すら持たず、メロディすらないことも少なくありません。雰囲気や音色だけで構成されている曲が大半を占めています。音によって穏やかさや瞑想の感覚を促すジャンルであり、映像音楽でもよく使われているジャンルです。このジャンルの音楽は聴くためのものというよりは人間の荒んだ心を癒したり、仕事の能率を上げたり、さらには不眠症の解決などに役立つとされており、他のジャンルの音楽のように聴くということがメインではないのです。なかには虫の鳴き声や、川の流れる音がアンビエントミュージックとして販売されていることもあります。

ambient music

歴史

このジャンルは、シンセサイザーなどの新しい楽器が広く市場に導入された1960年代から1970年代にかけて生まれたジャンルです。特徴としてはあまりメロディやコード進行に変化を持たせず、環境の音を再現していることが挙げられます。1978年にイギリスの音楽作家ブライアン・イーノによってAmbient 1: Music for Airport”が発表され、アンビエントミュージックが認知されるようになりました。その後、1980年から1990年代にかけて、この音楽は一部でに人気になり、ニッチな需要が生まれています。

商業的成功はせず

アンビエントミュージックは商業的には大きな成功を収めることは一切ありませんでした。大衆音楽にはならずあくまで、別の目的として使用される音楽になったのです。アンビエントミュージックはヒーリングミュージックと同じ系統として扱われることが多くなり、癒し効果を求める人が購入するジャンルになりました。そのため、一般的には認知されていなくても、あなたの勤めている会社の中で何となく流れていたり、マッサージ店やカフェなどでも流れていることが多い音楽なのです。意外と身近なところで使われています。

有名アーティスト

アンビエント(ambient)のアーティストは地味です。アンビエント・ミュージックの存在自体がどうしても無名なので、環境音楽や空間の要素が強く、作品のアルバムもなかなか売れませんが、ミュージックをリリースしている音楽家は多いです。90年代の時代から現在まで人々の記憶に残るアーティストを紹介します。現代音楽の制作においてレコードについているミュージシャンのアートも注目です。場所ひとつに絞って深く表現していくジャンルです。

Enigma

ドイツを拠点とする音楽プロジェクト。主にはヒーリングミュージックに分類されますが、アンビエントミュージックにも分類されています。古典音楽とダンスビートを織り交ぜたサウンドで人気になりました。

Deep Forest

フランスの音楽ユニットです。世界各国・各地域の民族音楽のテイストを取り入れた音楽でヒーリングミュージックに分類されますが、アンビエントミュージックの曲も作っています。動物の声・自然音などを要所で混ぜているのが特徴です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました