【オーディション】30歳 歌手になりたいとき、どうすればよい?

Audition

オーディションで30歳から夢を諦めず歌手になるには非常に難しい道のりを超えていかなければならないということは誰もが知っています。しかしそれを知っていても、歌手になりたい人がたくさんいるのが現実です。30代になると、人の人生は色々な状況に分かれてきます。従業員をしている人、パートタイムワーカーの人、学生の人など、状況がかなり違ってくるため、それぞれどのようにして活動する時間を作っていけばいいのかを記事にしています。

歌手になる方法について

実際に歌手になるための方法と手段については下記の記事を参考にしてみてください。基本的にすべての手段を試すようにしてみてください。行動を1年、2年と続けていくと、次第に誰かに声をかけられるようになります。そこからが本当の勝負です。アイドルでも歌手でも大切なメジャーデビューができるチャンスがあります。応募して合格までは大変ですが夢は参加すれば後でかないます。審査を受けて好きなことを仕事にできる可能性がありますから業界でのオーディションをオンラインで探しましょう。

従業員の場合

会社の従業員の場合、1日のほとんどの時間を会社の業務のために費やしている人はとても多いはずです。そして普段の業務で疲れ切ってしまい、家では寝ているだけ、という人も少なくないはずです。そんな中どうやって時間を見つけていけばよいのかが難しいでしょう。この場合は下記のような行動をまとめて起こしてみてください。ボーカルは年齢制限があるケースもあり、20代より不利ですが不可能ではありません。大きな結果が出れば事務所に所属も可能です。実績を出せば生活も困らなくなります。ジャンルや個性、スキルを活かしてしっかり芸能界で歌手活動をしましょう。

休みの日はデモテープ作成

従業員の場合は就業している日はほとんど何もできないまま、1日を終えます。そのため、お休みの日にデモテープ作りをしましょう。デモテープを作るには自作の曲を作るか、他の人に作ってもらう必要があります。そして歌の収録は自宅か、スタジオなどでやる必要があるので、業務をしている日は不可能です。お休みの日をすべて楽曲作成に使いましょう。

音楽活動

音楽活動はお休みの日でしかおそらくできないでしょう。そのため、できるだけお休みの日を音楽活動に使い、自分を売り込んでみましょう。ライブ、収録、楽器練習などやれることはいくらでもあります。せっかくの休みを無駄に費やさないようにしてください。

オーディション

問題はオーディションでレコード会社や音楽プロダクションから面接や、契約条件などの交渉になった場合は、勤めている会社を休んででもいかなければならないです。この状況になった場合は、できるだけ打ち合わせの日を先に延ばして、会社を休む計画を立てるようにしてください。そうすればレコード会社と現在勤めている会社双方に迷惑をかけずに済むからです。

パートタイムワーカーの場合

パートタイムワーカーの場合はフルタイムの従業員に比べると、かなり時間に余裕があります。就業形態がシフト制か、それとも定休日制度なのかは人によって変わりますが、比較的休みの取りやすく、融通が利きやすいため、フルタイムワーカーに比べると明らかに有利です。そのため、休みの日はとにかく音楽活動にすべて費やすようにしてください。レコード会社やプロダクションとの交渉や面談も比較的組みやすいはずです。もちろん世の中、さまざまな年代が番組など出演してシンガーソングライターとして活動しています。

学生の場合

学生の場合は、学校に通いながらパートタイムワーカーをしている人と、学業だけの人がいます。学業だけの人は時間がとても取りやすく有利ですが、パートタイムの仕事を掛け持ちしている人は、フルタイムの従業員ととても状況が似ています。空いている時間、お休みの時間をいかにすべて音楽活動に充てられるかどうかにすべてかかっています。仮にプロの歌手になれたとしても学業も卒業できるようにしてください。せっかくの学費が無駄になってしまうからです。プロの歌手は1年中常に忙しいわけではありません。暇な日、暇な時間帯もあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました