ヴァイオリン(バイオリン) : オーケストラ楽器の特徴、価格、弦の音、歴史について

Instrument

ヴァイオリンはソロ楽器としても有名で、オーケストラなどでも多用されるとても有名な楽器です。ヴァイオリンの起源については諸説ありますが、はっきりしたことはいまだにわかっていません。現存する最古の楽器は16世紀後半のものですが、それ以前にも北イタリアをはじめヨーロッパ各地の絵画や文献でヴァイオリンが描写されています。ヴァイオリンの先祖は、中世のオリエントにあると言われています。

場所

ヨーロッパでこの楽器は生まれました。奏者は必要があればピアノなどと弾くことが多く、チェロやヴィオラなどと構造が似ていますので魅力で同じ方法で演奏します。今は昔と比べて表現は簡単に可能で、初心者でも練習をおすすめできる楽器です。いまでは音楽の無料の教材も増えておりもちろん擦弦楽器が始めやすくなっています。ヴァイオリニストはかなり増えており異なる独特な新しいアーティストが増えています。

価格について

情報をみると価格は1万円くらいのものから1000万円以上のものもあります。それぞれ実際に奏法を教材などで学べます。楽譜なども購入する方が多いです。講師も増えており基本はビオラなどと同じ弾きかたでOK。世界を中心に人気で登場しているシリーズも多いです。演奏者は少し難しいことでも松脂を用いて技術がつけばクラシックでしっかり上手く音が出せます。基礎ができれば他よりビブラートなど美しい音色が出せます。フレットなど丁寧に抑える必要があります。

開発会社

現在世界では多数のヴァイオリン製造メーカーが存在します。

社名特徴
SuzukiJapan日本のヴァイオリン・メーカーの筆頭。
Joseph LorenzGermany3世代にわたって優れたヴァイオリンを作り続けているメーカーです。
Carlo GiordanoItalyマックコーポレーションのオリジナルブランド。
Karl HofnerGermanyドイツを代表する弦楽器メーカーです。
San AntonioUnited Statesアメリカの弦楽器メーカーです。

ヴァイオリンの歴史

ヴァイオリンの先祖は、中世のオリエントにあると言われています。当時、弦を弓で擦って音を出す楽器が誕生し、ヨーロッパに伝わりバイオリンへと進化を遂げました。現存する最古の楽器は16世紀後半のものですが、それ以前にも北イタリアをはじめヨーロッパ各地の絵画や文献でヴァイオリンが描写されています。ヴァイオリンという楽器は、宗教改革をうけてトリエント公会議が開催されていたころに誕生し、クレモナなどの街々で製作されるようになりました。現存楽器の最初の製作者としてはガスパロ・ディ・ベルトロッティ、アンドレア・アマティ、ガスパール・ティーフェンブルッカーが有名です。当時は舞踏の伴奏など、世俗音楽用の楽器として使われていました。さらにオペラが創作され、それがモンテヴェルディなどの活動で発展していった中で、ヴァイオリン属は伴奏のための器楽合奏に重用され、その普及が加速していきます。1650年頃になると弦楽器製作は、改変期に移行し、製作された弦楽器も飛躍的に増加します。表板、裏板のへりなどもふくめた パティーナ加工が多用されたオールド弦楽器の時代は、1800年代に入ると変化していきました。その後、演奏される曲の音域が増加するのに伴い指板は延長され、また、より高いピッチに対応するためネックが後ろに反り、駒がより高くなりました。18世紀以前に作られた楽器のほとんどは改良されており、これらを「モダン・ヴァイオリン」、修理を受けず原形を保っているものを「バロック・ヴァイオリン」といっています。

ヴァイオリンの特徴

ヴァイオリンはヴァイオリン属の楽器の中で最も小さく、最も高音域を出す楽器。最も高音域を出す楽器。全長は約60cm、胴部の長さはおよそ35cm、重量は個体差があり300~600gほどです。オーケストラだけでなく、ポップスや映画音楽など多岐にわたり使用されています。ヴァイオリンはひょうたんのような形をしたボディに弦を張るためのネックが取り付けられた形状です。オーケストラ全体のチューニングに使用する「A」の弦から調弦し、それを基準に隣り合う弦同士を完全5度でチューニングしていきます。「弓」と呼ばれる棒状の道具で弦を擦ることで振動を作り出し、それをボディで共鳴させることで音を増幅させます。左手を移動ながら弦を押さえる位置を調整。様々な音程を演奏します。

ヴァイオリンの曲

ヴァイオリンは全ジャンルにおいて使われます。歌謡曲や映画音楽、民族音楽など多岐にわたり使われている有名な楽器です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました