【音楽ジャンル】テクノミュージックとは? 電子音楽の歴史

General

テクノミュージックは1900年代の後半に登場した音楽ジャンルです。1900年代の後半からは電子音楽というジャンルが流行し、2000年代の音楽の基盤になっています。電子音楽はアメリカで発祥し、ドイツを筆頭としたヨーロッパにも広く伝播しており、世界的にも流行したジャンルです。このテクノミュージックはどのような歴史を持っているのでしょうか。

テクノミュージックとは?

テクノミュージックとは、基本はシンセサイザーやリズムマシンといった電子楽器を使って作られた音楽の総称。似たようなものに「ハウス」があります。ハウスとテクノの違いは、現在となってはほとんど明確な境界が無いものとなっています。そして、ハウスがテクノの源流となったという説もあります。テクノはダンスミュージックの源流となっており、1900年代後半あたりからとても流行しました。その後は電子音楽の手法をポップスに応用しようと試みるアーティストが先進国に登場し、テクノポップスというジャンルも派生していきました。このジャンルは多くのサブジャンルがあります。

Techno Music

Acid Techno

1990年代初期のヨーロッパで発展したジャンル。アシッド・ハウスのsquelch音をテクノに流用することでヒットしていきました。このジャンルはドイツのトランスやベルギーのレイブミュージックの影響も強く受けています。

Ambient Techno

アンビエント・ハウスと類似しており、一般的なテクノで使用されるシンセサイザーやドラムマシンの音をより不明瞭にした音を特徴としています。このジャンルはチルアウトの影響を受けており、1900年代後半に流行しました。

Bleep techno

1980年代後半にイングランド北部、特にヨークシャーで発展したテクノの地域的なサブジャンルです。ミニマルなシンセサイザー サウンドにちなんで名付けられアメリカンテクノとハウスの影響を受けているサブジャンルです。

Dub techno

スタイルとダブ ミュージックの要素を組み合わせたもので、低音の音色が特徴です。このジャンルは1990年代のドイツで流行した音楽ジャンルの一つで、ヨーロッパじゅうに流行していきました。

Minimal techno

このジャンルは繰り返しパターンが続くことと、極力少ない展開で構成されている曲が多いジャンルです。この音楽ジャンルは1990年代にドイツなどで流行していった音楽スタイルで、ヨーロッパ全土にも普及していきました。

Hardcore techno

1990年代にイギリスやオランダ、ドイツなどで生まれたエレクトロミュージックのジャンルです。このジャンルはテンポが速いことが特徴で、BPMが160~200前後になります。キックの強さが強く目立つジャンルです。

テクノミュージックの歴史

テクノミュージックは1970年代あたりから知られていきました。当時はシンセサイザーなどでダンスリズムを表現していたアーティストが多かったのですが、1980年になるとDJによるダンスミュージックの様々な音の取り組みが起こるようになり、グルーブ感が全くない、いわゆるテクノミュージックがドイツを中心に誕生しました。Liaisons Dangereuses, The Normal、DAFなどが有名アーティストです。

そしてテクノミュージックはイギリスなどでメジャーレーベルがアーティストと契約するようになり、The New Dance Sound Of Detroitがヒットし、全世界で600万枚の大ヒットを記録。その後は派生ジャンルが出てくるようになります。1980年代後半アシッドテクノやトランスなどのジャンルが登場しました。1990年代になると、ヨーロッパでレイヴが流行し、ハードミニマルなども登場しました。2000年代になると様々なサブジャンルが派生していき、今では数えきれないほどのジャンルが登場しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました