【音楽ジャンルと世界音楽市場】インディー・ロックとは? ロックはなぜ衰退したのか 理由と背景

General

インディー・ロックとはロックのジャンルの一つです。このジャンルは1900年代後半に発祥したと言われているジャンルで、イギリスで生まれたと言われています。流行からかけ離れた音楽スタイルを採用しており、個性的なアーティストが多くいることが最大の特徴かもしれません。このジャンルもロックと同様衰退していきました。

インディー・ロックとは?

インディー・ロックとは反ロックとも呼ばれているロックジャンルです。Indieとは「どこにも属さない」「独立した」という意味の”Independent”の略称です。このジャンルの音楽家はたとえ人気が出たとしても、敢えてメジャーレーベルとは一切契約をしません。あくまでインディーズとされており、メジャーレーベルとは距離を置きます。イギリスをルーツとしており、敢えて流行音楽をやらずに個性的な音楽性をもったアーティストや音楽を指しています。多くのバンドはライブハウスなどで自費で活動しているのが実態です。

indie rock music

歴史

インディー・ロックは1960年代あたりのイギリスで生まれてきたと言われています。当時の世界は商業音楽としてのロックが流行していましたが、その流行とは背を向けて、我が道を行くロックバンドが生まれていきました。イギリスの音楽メディアはバズコックスの1977年のシングルが、インディー・ロックのルーツではないかと言われています。1980年代に入るとこのジャンルはアメリカにも普及し始めました。音楽シーンの主流から外れたモダン・ロック・バンドが登場してきたのです。セールスや名声よりも自由な音楽作りを求め続け、斬新なサウンドの曲を発表したことで支持されました。

1990年代になると、ブリットポップと呼ばれるムーブメントがイギリスで起こりました。オアシスのような癖の強い労働者階級出身のバンドは当時のイギリス社会に大きな影響を与え、大人気になりました。そのほかにもレディオヘッドなどが世界的成功を収めていきます。2000年代に入ると、インディー・エレクトロニックというジャンルも誕生しています。シンセサイザーが一般化することで、電子音楽のテイストがロックに取り入れられたのです。

衰退

これまでずっと繫栄していたインディー・ロックでしたが、2010年代に入ると目に見えて衰退していきます。この理由としてはR&Bの流行やヒップホップの流行が世界的な現象となったことで、押されていきます。2000年代初頭に全盛期を迎えていたインディー・ロックは、2010年代中盤にはすっかり勢いを失くしてしまったのです。さらに2010年代になると、EDMなども絶頂期を迎えることになり、このジャンルも含め、ロック業界全体が完全に没落していきました。2020年代に入ってもこの傾向は全く変わっていません。

有名アーティスト

R.E.M.

アメリカのオルタナティブロック、インディー・ロックのバンドです。2011年に解散したものの、2007年にはロックの殿堂入りもしました。このバンドはポップのような曲も作っているため、多岐にわたって活躍しています。

Blur

1990年代以降のイギリスロック業界でとても有名なバンドです。労働者階級から有名になったことで大衆にとても支持されました。彼らは色々なスタイルを取り入れており、オルタナティブロックともインディー・ロックとも分類されているバンドの一つです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました