【音楽ジャンルと世界音楽市場】ゴスペルとは? アフリカ系アメリカ 宗教音楽

General

ゴスペルという音楽はアメリカの黒人音楽の一つです。このジャンルは1930年代あたりのアメリカで発祥したジャンルと言われており、キリスト教徒などに浸透し多宗教音楽の一つとされています。このジャンルはR&Bやソウルなどとも融合して言っており多様化してきています。現在でもこの音楽はマイナージャンルではありますが、教会音楽として生き続けています。

ゴスペルとは?

ゴスペルとはアメリカで発祥した音楽です。キリスト教徒のプロテスタントの間で広まり、宗教音楽として定着しました。ゴスペルは黒人の心情表現や、リズムにおけるアフリカ的なシンコペーションが最大の特徴です。1900年代の前半に発祥したこのジャンルは、いまではR&Bやソウルなどの影響を受けて融合した音楽に変化してきています。またアフリカ系アメリカ人が作った音楽でもあるため、黒人奴隷の歴史ともかなり深い結びつきがあります。伝道集会、日曜学校、クリスチャンキャンプなどを通じて、多くの信者に愛されて定着してきた音楽です。

Gospel Music

歴史

ゴスペル音楽はアメリカのアフリカ系黒人の歴史や背景とかなり深い結びつきがあります。17世紀ごろ新世界と呼ばれていたアメリカでは、アフリカ人を無制限に奴隷として使うことを許容する法律が各州で成立していきました。アメリカ大陸に連行されたアフリカ人は、彼ら独自の言語・宗教などをいっさい剥奪され、苦しい状況に置かれた中でアメリカ南部のプロテスタントの福音と出会い、キリスト教へ改宗していきました。そのなかで、神を賛美する音楽を奏でるようになったものがゴスペルなのです。1930年代にこの音楽は発祥したと言われており、黒人教会などで演奏されるようになりました。1930年ごろになると、シカゴではゴスペルアーティストなどが登場します。

変化

1900年代後半になると、ゴスペルは他の音楽ジャンルである、ヒップホップ、ラップ、ファンク、R&Bなどの影響を付けて融合していくことになりました。また、同時期にはコンテンポラリー・ワーシップ・ミュージックと呼ばれる、キリスト教音楽の新ジャンルも生まれていきました。このジャンルは現在のキリスト教会で歌われる一般的な音楽になっています。このジャンルはリード歌手と、リード・ギタリストまたはオルガンなどのキーボード演奏者で構成される音楽で、クリスチャン音楽の主要ジャンルにもなっています。

有名アーティスト

ゴスペルは歌うスタイルで歌詞でソングを引き立てます。最初のルーツは黒人。英語で[gospel]で意味は宗教音楽であり、礼拝での賛美歌を指しております。牧師が声で言葉を歌い、黒人霊歌を連想させます。シンガーはこれらの文化を引き継いで合唱やコーラスでハーモニーなどもあります。ゴスペルミュージックにおける代表的なアーティストを紹介します。ブルースなど感情を大切にする音楽で世界中で歌われています。

Stryper

アメリカのメタルバンドです。しかしメタルバンドとはいえゴスペルとの融合した音楽が商業的に成功しました。それによりクリスチャン・メタルというジャンルを確立したのです。一度解散をしていましたが、2003年に再稼働しています。

Sounds of Blackness

アメリカのゴスペルアンサンブルグループです。1991年にデビューした彼らはゴスペル、R&B、ソウルとの融合した音楽を製作しており、ほとんどのアルバムが非ゴスペルで構成されていますが、ゴスペルの要素がかなり混じっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました