クラリネット : オーケストラ楽器の特徴、価格、歴史について 管楽器の種類

Instrument

クラリネットは吹奏楽で担当する人数の多いパートとして知られています。音域は広く、様々なジャンルの音楽に使用できる楽器です。クラリネットの原型は、リコーダーのような縦型の笛と言われています。この楽器はオーケストラで必ず出てくる楽器です。ニュルンベルクの楽器製作者ヨハン・クリストフ・デンナーによって、18世紀初頭に発明されたと言われています。クラリネットは昔、小型の高音トランペットと呼ばれていました。

場所

ドイツのニュルンベルクでこの楽器は生まれました。主にトロンボーンやサックスなどと異なり、オーケストラの低音の演奏の部分で使われます。バスクラリネットなどもあり、ヤマハで販売されておりますから初心者でも購入できます。チューバやオーボエなどの管楽器で活躍するなかまになります、一番広い音域で幅広いうえに独自の柔らかい音色がでます。

価格について

価格は数万円から買えます。高価なものだと50万円以上のものもあります。

開発会社

現在世界では多数のクラリネット製造メーカーが存在します。

社名特徴
YAMAHAJapanはじめてYAMAHAブランドのクラリネットが誕生したのが1967年。
SELMERFrance1885年、クラリネット奏者だったヘンリー・セルマーが設立。
PatricolaItaly常に最高の品質を維持するためにパーツの製造、木材の加工すべての工程は自社にて手作業で行われています。
Buffet CramponFranceクラシックからジャズまで、ジャンルを問わず愛用されているブランド。

クラリネットの歴史

クラリネットの原型は、リコーダーのような縦型の笛で、「シャリュモー」という葦で出来た民族楽器で、クラリネットと同じ1枚のリードを使用して音を出す楽器でした。キーがなかった「シャリュモー」にキーを取り付けてその数を増やし、音域の狭さを改善し、現在のクラリネットの基礎となる楽器を作ったのはドイツでリコーダーやフルートなどの楽器制作を行っていたデンナーでした。デンナーがシャリュモーキーを設けたことで、音域は広がり、かなり高音まで出せるようになりました。これがクラリネットとなったのです。クラリネットという名称は、その当時あった小型の高音トランペット「Clarino(クラリーノ)」と音色が似ていたことが由来。現代のクラリネットとトランペットの音色は全く似ていないため、面白い経緯です。19世紀初めにドイツのミュラーが13個のキイが付いた「ミュラー式」クラリネットを発明します。この「ミュラー式」は、のちに「エーラー式」クラリネットに発展しました。今もドイツ周辺で使用されており、温かみとすこし暗めで艶やかな音色を持つクラリネットです。

フランスではドイツとは違った発達を見せます。1843年、クラリネット奏者兼音楽院で教鞭をとっていたクローゼと、クラリネット吹きなら全員知っている「クランポン社」のビュッフェが生み出しました。フルートの「ベーム式」クラリネットを開発したのです。明るく華やかな音色と運指の快適さを併せ持ちアドルフ・サックスやアルバートがマウスピースなどの部品に改良を加え、今のようなクラリネットが完成しました。指使いが分かりやすい、音程が比較的取りやすいなどの利点もあり、愛用されています。

クラリネットの種類

E ♭ Clarinet

B♭クラリネットより4度高いミニサイズ。

B♭Clarinet

最も標準的なクラリネット。管弦楽や吹奏楽、ジャズ、ポップス、あらゆるジャンルで使われています。

A Clarinet

B♭よりも2度低い、より深みのある音色が魅力。

E ♭ Alto Clarinet

吹奏楽や室内楽で多く使用されています。

F basset horn

宗教音楽の中で、頻繁に使用されます。

B ♭ Bass Clarinet

厳粛かつ重厚な音色です。

E ♭ Contra Alto Clarinet

軍楽隊や室内楽などの音楽でしばしば登場します。

B ♭ Contrabass Clarinet

B♭管クラリネットより2オクターブ低い音域を持つ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました