【オーディオ】ワイヤレスヘッドホンの歴史と特徴

Audio

ワイヤレスヘッドホンはワイヤレスイヤホンに比べるとあまり知られていません。しかしわずらわしいケーブルから解放され、とても快適に使うことができます。Bluetoothによるワイヤレス接続で快適に音楽が楽しめます。また、断線を心配する必要がないのもメリットです。デメリットとしては、ワイヤレスヘッドホンには高級モデルがまだないため、高音質で音楽を聴く人にとってはちょっと不満かもしれませんね。

ワイヤレスヘッドホンとは

ワイヤレスヘッドホンはコードによる接続が不要なヘッドホンで、Bluetooth ブルートゥース 、 Wi-Fi 、NFC、赤外線などで無線送信された音声データを受信し、聴くことができるようになります。別名無線ヘッドホンです。メーカーの技術の革新で搭載される機能が増えているデジタル製品。ドライバーやバンドの人がストレスなく耳につけられます。現在ブランドは多く、デザインも完全に多様化しており交換も可能で、マイクもついています。進化して理想のサービスが実現しています。

https://amzn.to/3LlOoTm

ワイヤレスヘッドホンの歴史

イギリスで1890年ごろから1920年代ごろにわたって使われるようになったElectrophoneと呼ばれる有線放送の一種がヘッドホンの発祥です。当時普及が進んでいた電話線を利用して音楽を家庭に届けるという仕組みのエレクトロフォンは、初めて音楽を自宅で楽しむということを可能にしました。

1910年アメリカのユタ州で電気技師だったナサニエル・ボールドウィンは、現代ヘッドホンの原型の開発に成功。 騒音の中でもクリアに音を聞き取れるクオリティーでこれを気に行ったアメリカ軍は、戦場で使用します。

1958年にはアメリカのジョン・コスが音楽鑑賞用のヘッドホンを発売しました。コスのヘッドホンは市場を独占しました。

そして2000年代になりワイヤレスヘッドホンが登場しました。ワイヤレスヘッドホンは有線ではないため、煩わしさが一切ありません。

ワイヤレスヘッドホンの特徴

ワイヤレスヘッドホンのメリットは、ワイヤレスイヤホンのメリットと同様、わずらわしいケーブルから解放されることです。これまでのように鞄の中で絡まったり、最悪の場合、断線したりといったトラブルがなくなります。

ワイヤレスヘッドホンはコーデックをチェックする必要があります。Bluetooth機器はすべて、「SBC」というコーデックに対応しており、そのほかにも、おもにApple製品で使用される「AAC」やAndroid製品で使用される「aptX」などがあります。音質や遅延に直接関わります。

音質はサイズを表す口径が大きくなるほど高音質になります。種類によっても音の傾向が異なるので、購入前にチェックする必要があります。

ワイヤレスヘッドホンは充電も大事なポイントです。数十時間の連続使用が可能な大容量バッテリーを備えた製品がおすすめです。当然ですが、少ない充電時間で長い再生時間の商品が好ましいです。

ワイヤレスヘッドホン製品

世界初のワイヤレスヘッドホン製品は日本のメーカーや会社でも開発されています。アナログやステレオの音声にも対応しており、ポータブルヘッドセットとしても有名になりました。ユニットはダイナミックな機能が採用されており、軽量で一般的な機能が利用できるメディアです。加えてノイズキャンセリングのテクノロジーも実現できたタイプが誕生しており、新たに装着できる音響のスピーカーとなりました。もちろん片耳でもサウンドが聞こえるように条件が改善されています。

比較してニーズのある注目のセットを以下にまとめました。ノイズキャンセリング機能の処理があり、業務用でも個人でも活用できるものです。どのメーカーでも事業で専用の部門が設立されておりリスニングのニーズにあわせたシステムのセットになっています。従来のラジオだけでなくモバイルにも聞こえて発展、対応しております。

SONY WH-CH510

https://amzn.to/3KjdT6q

ATH-WS330BT

https://amzn.to/3xUpI0D

SKULLCANDY RIFFWIRELESS

https://amzn.to/3KmEek1

BANG&OLUFSEN BEOPLAY-H95GOLDTONE

https://amzn.to/39myPNr

Panasonic RP-HF410B

https://amzn.to/3Lh1x07

JVC HA-S48BT

https://amzn.to/3rRoorx

Philips TAH5255

https://amzn.to/3ENs6aC

コメント

タイトルとURLをコピーしました