【オーディオプレイヤー】ウォークマンの歴史と現代の性能 ソニーの製品

Audio

あなたはウォークマン派?それともスマートフォン派?昔はスマートフォンというものは存在しませんでした。20年、30年前はウォークマンが当たり前の時代でした。しかしいまはハードウェアの進歩により、ウォークマンの需要は大きく減ってしまいました。しかしいまだにウォークマンを愛用している人は多い現実があります。それはなぜなのでしょうか。ウォークマンの歴史と今を語っています。

ウォークマンとは?

小型の再生専用音楽プレーヤーに小型のヘッドホンをつけ,携帯を可能にしたステレオ音響機器です。 1979年に初代のソニーが発売したことをきっかけに多数の機種が開発され、1900年代後半の若者に広く支持された機器です。やがてウォークマンは一般家庭に当たり前のように存在する機器になり、録音機能やラジオ受信機能をもつものも登場し、多様化していきました。歴代のカセットやラジカセの時代からソニーを筆頭にCDやMD向けの新製品ができたのです。ここからウォークマンのシリーズの年表が始まります。

ウォークマンの歴史

ウォークマンは1979年にソニーが発売したポータブルカセットテーププレーヤー。当時はまだカセットと呼ばれるものでした。ウォークマンの登場によって「音楽を携帯し気軽に楽しむ」という新しい文化が生まれました。デジタルの生産が始まり、お店の一覧でもウォークマンの台が並ぶ時を迎えました。日本でもsonyが有名で後に市場で誕生していくことになります。ライフスタイルの環境に慣れていきました。

1980年代には世界初のポータブルCDプレーヤーが最初にアメリカで登場しました。コンパクトディスクというものが登場し世界に衝撃を与えたのです。デザインが画期的で売れゆきは好調。カセットテープに代わる記念すべき1号となりました。海外から色々なブランドが誕生して国内の会社にも流通するようになりました。ニュースやプレスでもされるようになります。スタイルや条件に応じて始められる対応シリーズが増えていきます。

1990年代にはさらに進化したものが登場しました。それはMDプレイヤーです。ミニディスクであるMDを再生できる機器が登場し、さらに小型化され、携帯しやすくなりました。

1999年には新たにメモリースティック ウォークマンが採用され登場しました。パソコンと接続して音楽配信サービスのコンテンツなどをメモリースティックに記録できるようになりました。初めてボタンで楽曲を再生でき、世代とわず当初はすぐに展開されました。サイズもレコードより小さいのでとてもモバイルで気軽に持ち運びできます。その後ビジネスでも合わせて楽しめるメディアになります。

2000年代になると、原音に近い音楽再生を実現できるウォークマンが設計されて増えました。高音質・高画質技術を実現できるようなウォークマンが出ているのです。普及してヒットし、若いかたがダウンロードして聴けるうえに持てるので便利なものでサウンドは大幅に改善され、小型化されました。家だけでなく外出先でも個人で使える時代が本格的に始まっています。

ハードウェアの進化

近年ハードウェアの進化がとても速く、優秀でかつ、予想もしないような画期的な製品が毎年産まれています。現在ではスマートフォンというものが出てきており、電話、チャット、音楽、ビデオ鑑賞と言った機能がすべて集約されていることから、ウォークマンを使う人がいなくなったという事実もあります。それでもウォークマンを使っている人はどのような人たちなのでしょうか。

シンプル

ウォークマンはスマートフォンなどとは違い、機能が音楽再生に特化しています。そのことから、シンプルで使いやすい人がウォークマンを好む傾向にあるのです。ただ曲を聴くだけならば操作しやすいウォークマンのほうが理想でしょう。

新しい製品が苦手

現代社会では次々に画期的な新製品が生まれています。そんななか新しいものに拒否反応が働く人は少なくありません。そんな人におすすめなのがウォークマンなのです。昔から存在しており、操作が単純であることから説明書がなくても操作できます。

電話と音楽を分けたい

人によっては電話はスマートフォンで、音楽は音楽専門の機器で使い分けをしたい人もいます。そんな人はウォークマンを愛用する傾向にあります。こだわりの強い人ほどこの傾向がみられるのです。

現在のウォークマン

現在のウォークマンは意外と機能が充実しています。悩んでいる人は現代のウォークマンを買ってみるのも悪くないかもしれません。

  • ノイズキャンセリングが充実
  • Bluetooth機能がある
  • 外音取り込み機能がある
  • 大量の容量
  • 原音に近い音質
https://amzn.to/3LhAnWP
https://amzn.to/3vdjV4w
https://amzn.to/38n0uNp

コメント

タイトルとURLをコピーしました