【オーディオ】iPhoneは補聴器の代わり 難聴 ライブリスニング機能

Audio

iPhoneはApple社の意向により、今後徐々に医療機器としての性能を持たせようとしています。アメリカでは現在製薬業界がとても活況で、老化治療薬の開発を筆頭に多数の新薬や医療機器の開発が盛んになっています。Appleもこのトレンドに乗っているようで、iPhoneにはアクセシビリティ機能に備わっている「ライブリスニング」いう機能がついています。これは補聴器的な機能を持っています。

iPhoneとは

iPhoneはApple社が開発したスマートフォンで、2007年に初代が発売。それ以降は爆発的な人気を誇り、世界中で圧倒的な存在感を占めています。もともとはiPodの派生製品でしたが、いまではiPodを遥かに超える存在となっています。携帯電話機能やオーディオ機能も付いていることから、とても便利で需要が高いです。2022年に最新機種iPhone 14 Pro/14 Pro Maxが発表されています。iPhone 14に搭載された新機能に加えて、TrueDepthカメラを13 Proよりも小型化してノッチを廃止し、ハードウェアとソフトウェアの連係による画面表示や常時表示ディスプレイを採用しています。

iPhone Product

ライブリスニング機能

ライブリスニング機能は、iOS14.3以降のiPhoneに搭載されている、スマホが集めた音をAir Podsで聞くことができる機能です。周囲の音を大きく聞けることから補聴器の代わりになると言われています。この機能は基本的には音を聞き取りにくい人のためのサポート的な役割として搭載されています。アプリを使い音量は調節可能。デバイスの情報を確認しましょう。試しに登録した機器で専用のモードで聞こえるかサウンドを台で出してみましょう。有効になれば解決です。

Air Pods系しか使えない

ライブリスニング機能を使えるワイヤレスイヤホンは、Air Pods、Air Pods Pro、Air Pods MaxなどApple社が販売しているH1チップを搭載してる器種になります。ライブリスニング機能を使用するには、まずコントロールセンターに聴覚アイコンを追加する必要があります。設定方法は設定>コントロールセンター>聴覚でコントロールセンターに聴覚アイコンが追加されるので、ライブリスニング機能をオンにすると使えます。

難聴の人にも効果あり

音楽を常に爆音で聴いていて、難聴になってしまった人にお勧めできるものです。iPhoneが集音しうる音声や会話を、Bluetooth接続したイヤフォンを介して離れた場所からでも耳元で聞けるようになっているからです。

補助機能

ライブリスニング機能は補聴器の代わりとして機能します。離れた場所からでも音を聴くことができるからです。補聴器と比べると、性能はまだ低いですが使用できない時の一時的な代用におすすめです。

悪用も可能

ライブリスニング機能は考え方によっては悪用することも可能になってしまいます。使い方を変えればごく簡単に「盗聴」ができてしまうことになります。ライブリスニング機能は、画面をスリープにした状態でも利用できるため、第三者からはオンになっているのかいないのかは全く判別ができません。物は使い方次第で変わってしまいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました