スポンサーリンク

【オーディション】歌手になるには? 方法と行動 専門学校や大学に行く必要はある?情報紹介

Audition

プロを志望して歌手になることはとても大変ですので必要な方法を掲載、紹介します。需要が少ない職業で、供給はいくらでもされることから、非常に争いの激しい厳しい世界です。しかしこの職業に憧れる人は男女問わず、年齢問わず常にいます。有名なアーティストたちはこの厳しい世界で生き続けることができたから今があるのです。しかしどうやって歌手になったらいいのかがわからない人がいるでしょう。歌手になるための具体的な方法について記事にしています。

スポンサーリンク

歌手になる方法

歌手やシンガーソングライター、声優になる方法というのはとても限られています。そのため、前に待っているだけでは絶対に結果は出ません。基本的な考え方として自分から行動するようにしてください。行動しなければ結果は絶対に出ません。そして非常に厳しい世界であることは間違いないので、下記の方法すべてを試すようにしてください。ボーカルで歌や声を仕事にして活躍していくには大切なチャンスで歌声の力を活かす必要があります。歌う専門の歌唱力も業界では必要です。夢のために学ぶ努力や開催されているイベントの参加も必要ですが専門学校や大学へ通うかどうかは一概にチャンスとは言えません。

方法1 : オーディション

オーディションは一般的な方法です。歌手になりたい人は必ず1回は受けたことがあるはずです。この目標を果たすにはとにかくオーディションを受け続けることが大事です。言語が複数できる人は色々な国のオーディションを受けてみてください。大手のレコード会社であるSony , Universal , Warnerの三社は世界中に拠点を持っています。ホームページからオーディションを受けてみましょう。応募先は音楽プロダクション、大手のレコードレーベルです。

方法2 : ライブ

歌手になるためにはまず自分自身を知ってもらう必要があります。ライブをやることで自分を認知してくれます。実はレコードレーベルの関係者や音楽プロダクションのスカウトなどはライブへ行っていることも多いです。ライブを通じて関係者と知り合い、契約に結び付くことも多いです。そのためにはまず、ライブをして自分を認知してもらうことが大事です。レコードレーベルの関係者は興味があれば、バンドなどライブやサポートを通じて歌手へ連絡することがあります。基礎の技術のトレーニングと同時に好きな分野での活動は必須です。

方法3 : SNS

現代はSNSというものがあります。実は音楽業界の人たちはSNSをよくやっています。SNSを通じて知り合うという例もありえるのです。そのためには下記SNSのアカウントを取って、自分自身を発信してみてください。自作の曲をアップロードする、自分のライブ映像を流すといった手段を使って自分自身を売り込んでください。

  • Twitter
  • Instagram
  • Likedin

Linkedinの場合は自分からレコードレーベルとつながりを持つことも可能です。レコードレーベルの人とつながって自分の音源を聴いてもらうという手段もあります。キャリアのある講師や関係者に歌唱の経験の資料、実力を見せるチャンスです。Linkedinは就職にもつながる可能性があるのでさまざまなスキルや表現力を楽曲、作品の中でアピールする必要があります。

方法4 : Youtube

ケースとして動画サービスであるYoutubeの投稿を通じて自分をしっかりアピールするのも有効な手段です。再生回数が伸びれば、必然的に注目が集まるようになります。それに伴い、レコードレーベルや音楽プロダクションの関係者の目に留まり、注目を浴びるようになるという可能性もあるのです。もちろん充実したパフォーマンスを発揮してプロデューサーとのきっかけや関係が作れないと厳しいです。ヴォーカルとして日々歌いながら、機会はあるのでアクセスしてやってみるのも手です。

40代、50代で歌手になるには

中年で歌手になりたいと考える人も少なくありません。東アジアの国では年齢でふるい落とされる傾向にあります。そのため日本や韓国、中国などでは無理ですが、その他地域ではそれほど年齢が重要ではありません。アフリカ、ヨーロッパ、中東、アメリカなどで挑戦すればチャンスがないわけではありません。実例とエピソードを紹介します。また、遅咲きの歌手というのもいます。若いころから結果が出せず、中年になってから開花した人も少なくありません。

Susan Magdalane Boyle

イギリス、スコットランドの歌手。スコットランドのエディンバラで生まれ、成人後は母親の面倒をみていました。生前の母親の助言から2009年に当時40代後半でしたが、歌手になることを決意し、オーディションを受けることになったのです。イギリスの素人オーディション番組に出演し、審査員は3人全員が「Yes(合格)」の札を出し、最高の賛辞を贈りました。そして歌手となっていきました。中年でデビューして成功した歌手のシンボルと言える存在でしょう。

Seasick Steve

アメリカのブルースミュージシャンです。1941年生まれで、1960年代後半から、アメリカとヨーロッパでミュージシャンおよびレコーディングエンジニアとして働いていました。2004年のとき(63歳)にインディレーベルから1stアルバムをリリースしました。当時は60代でありながら、まだインディーズでした。2006年の終わりにジュールズホランドの毎年恒例のHootenannyにSeasick Steveとして出演したときに、人気が出ました。2007年のMOJOアワードのベストブレイクスルーアクトを受賞し、レディング、リーズ、グラストンベリーなどの主要なイギリスのフェスティバルに出演しました。この成果があり、2008年にメジャーレーベルへ移籍しメジャーデビューしたのです。Polydor/Fiction Recordsからリリースしています。

楽器を初めて習うにはどうしたらよい?

そもそも楽器の使い方すらわからない初心者の方もいるでしょう。そんなときは音楽教室がおすすめです。音楽教室出は未経験の初心者でも教えてくれますのでかなり充実しています。以下がその一覧なので検討してみましょう。

椿音楽教室マンツーマン指導【椿音楽教室】
シアーミュージック発声・滑舌矯正で好印象な話し方に!
NAYUTAS(ナユタス)「ナユタス」東証一部上場グループが運営するボイトレスクール
ボーカルレッスンミュウ声が生まれ変わる経験してみませんか?あなたの本当の声を引き出す【ボーカルレッスンMyU】
アバロンミュージックスクール
「音楽プロデューサー」が設立【アバロンミュージックスクール】無料レッスン申込募集
音楽教室グッドアピールギター1本でかっこよく弾ける!はじめての「ソロギター講座」
ホーリーボイストレーニング新日本ボイストレーニング協会会長によるレッスン【ホーリーボイストレーニング】
BeeミュージックスクールBeeミュージックスクールの【ギタースクール】無料レッスン体験募集
ジデンミュージックスクール3回で1曲作れちゃう♪体験レッスン受付中♪
BRUSH VOICE(ブラッシュボイス)充実の1時間、高品質のマンツーマンボイストレーニングならブラッシュボイス
シークミュージックスクールシークミュージックスクール
IPC VOICE STUDIOIPC VOICE STUDIO|ボイトレスクール
THE POCKETTHE POCKET
3FAITHS MUSIC PRODUCTION SCHOOL3FAITH MUSIC PRODUCTION SCHOOL|DTMスクール入学
ZIGZAG MUSIC SCHOOLミュージカルレッスンなら【ZIGZAG MUSIC SCHOOL】
DECO MUSIC SCHOOLキッズボイトレなら【DECO MUSIC SCHOOL】

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました